二日酔いで吐き気がある場合の解消方法や治し方とは?

二日酔いの吐き気解消

二日酔い吐き気がある場合の解消方法や治し方、そして原因について紹介します!

飲み会などでお酒を飲んだ時につらいのが二日酔いですよね。

翌日が休日であればゆっくり休むことができますが、仕事などだと本当につらいものです。

あまり吐き気が続くと脱水症状など他の心配もあるのでなるべく早く解消したいもの。

では二日酔いの際の「吐き気が止まらない原因」と「解消法や治し方」についてみていきましょう。

スポンサードリンク

二日酔いで吐き気がある場合の解消方法は?

もしも二日酔いで吐き気を催している場合には、まず心配なのが脱水症状ですよね。

吐き続けることによって体内の水分が外の出て行ってしまうわけですからこれは当然のことです。

その為、もしも二日酔いで吐き気がある場合にはとりあえず水を飲んで様子を見るとよいでしょう。

水を飲むと胃の中の酸が薄まり症状が軽くなります。

そして実は水は二日酔い予防・そして回復にはとても良いものなのです。

二日酔いの吐き気解消には水やしょうが汁が効果的!

他にもしょうがを擦ってしょうが汁を作って飲んだり、重曹を水に溶かして飲むのも効果が期待できます。

特に重曹は体内で酸性度を軽減し、消化不良や胸やけなどの症状を抑える効果があるので二日酔いにはお勧めですよ。

二日酔いの際の吐き気の治し方は?

もしも二日酔いで吐き気が止まらない場合、やはり一番効果が期待できるのが市販薬ですよね。

ただ、吐き気を抑える市販薬は大きく分けて2つの種類があります。

  • 一つが吐き気止め本来の薬
  • そしてもう一つは胃炎を抑える薬です。

二日酔いの吐き気の原因として胃炎が考えられるからです。

スポンサードリンク

吐き気止めの薬は主に乗り物酔いの薬として売られていて吐き気そのものを抑えてくれる効果が期待できます。

飲酒によるものであれば胃酸過多や胃炎を抑える薬

そして食べすぎであれば胃腸薬を使用するといいですよ。

二日酔いの吐き気を手っ取り早く治すためにはその症状に合わせた市販薬を使用するようにしましょう。

二日酔いの吐き気が止まらない原因とは?

二日酔いでの吐き気、早く解消したいのになかなか止まらないときもありますよね。

二日酔いの原因というのはいくつか考えられますが、

  • 吐くことによる脱水
  • アルコールによる胃酸過多
  • アルコール分解で生じるアセトアルデヒド
  • アルコールに含まれるメタノール
  • そして低血糖

などが考えられます。

もちろん二日酔いの吐き気が止まらない場合にはこれらの原因が解消されていないことが考えられます。

もしも二日酔いで吐き気が止まらない場合にはこれらの原因を解消することをお勧めします。

ただ、これらの症状一つ一つには解消法が微妙に違ってくることもありますので、その症状に合わせて市販薬を利用したり、脱水症状を起こしている場合には速やかに水分補給をするなどしてくださいね。

まとめ

二日酔いでの吐き気というのは本当につらいものですよね。

二日酔いは吐いてしまえば楽になるという話もよく聞きますが、ただ吐き続けるだけでは脱水症状を起こしてしまう可能性が高くなるのであまりお勧めすることはできません。

まずは脱水症状を起こしそうなときには少しずつでも水分補給をすること。

そして市販薬があれば症状に合った吐き気止め・もしくは胃腸薬などを上手に活用するようにしましょう。

市販薬が手元にない場合には、水・重曹・ショウガなども吐き気を抑える効果が期待できますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ