悪酔い防止方法!ワインや日本酒が残る人の対処法とは?

悪酔い防止

宴会や飲み会の機会が増え大量のアルコールを飲んでしまうと悪酔いをしてしまう人もいるのではないでしょうか?

お酒に強い人ならともかくお酒に弱い人が周りに勧められてついつい大量にお酒を飲んで悪酔いをしてしまうということもあるので悪酔い防止したいところですよね。

では、

  • どうしたら悪酔いをぼうしできるのでしょうか?
  • お酒の種類によって悪酔いするかどうかというのは変わるのでしょうか?
  • 悪酔いをしてしまったときの対処法にはどのような方法があるのでしょうか?
スポンサードリンク

ワインを飲む際の悪酔いの防止方法とは?

アルコールの中でもよくワインは悪酔いしやすいという話を聞きませんか?

ワインが悪酔いするの原因とは?

輸入ワインの酸化防止剤が悪酔いの原因に

まず、ワインは海外で製造されたものがほとんど、それが日本へ輸入される際にワインが酸化しないように酸化防止の添加物・亜硫酸塩が使用されている場合があります。

これが原因で肝臓の機能の低下によりアルコール分解を妨げている可能性があります。

ワインの酸化が悪酔いの原因に

次に、長い時間経たビンテージワインは酸化の進みが早く、フーゼル油というものが発生し、これが頭痛を引き起こすといわれています。

アルコールの種類が複数あることが悪酔いの原因に

さらに、ワインは醸造酒なので、アルコールの種類が複数であり、肝臓によるアルコール分解率が落ち、悪酔いしやすいとも言われています。

このようにワインにはいくつかの悪酔いの原因が考えられます。

ワインが悪酔いを防止する対策とは?

  1. ワインの悪酔い防止方法とは、まず含まれる亜硫酸塩を酸素と結び付けて分解させるために30分ほど空気に触れさせる方法があります。
  2. 次に、無添加・定温輸送のワインを選べば酸化防止剤の混入がないので悪酔いしにくくなります。
  3. 最後に白ワイン、赤ワインの順番で飲むこと。

ワインで悪酔いを防止するなら、いきなり強いアルコールを飲むよりも軽めの白ワインから飲むと悪酔いがしにくくなります。

スポンサードリンク

日本酒の悪酔い防止方法とは?

日本酒の悪酔いの原因のほとんどは、醸造用糖類、酸味料や調味料なんです。

つまり、日本酒自体ではなく添加物が悪酔いの原因!

特に低価格のものは添加物が含まれているものが多いので悪酔いしやすいのです。

日本酒で悪酔いしたくないときには、添加物が入っていないものを選ぶといいでしょう。

ですから純米酒や純米吟醸、純米大吟醸などは同じ日本酒でも悪酔いをしにくいと考えられるのです。

悪酔いの対処法とは?

お酒を飲む際に悪酔いをしたくないと思うのは当たり前ですよね。

どのようにお酒を飲めば悪酔いしないのでしょうか?

悪酔いを防止するにはお酒を飲みすぎないこと

まず基本的なことは、お酒を飲みすぎないこと。

悪酔いする原因の一つがアルコールを摂取しすぎて肝臓がアルコールを分解しきれないことにあります。

その為、自分のペースに合わせて飲むことが大切です。

悪酔いをしてしまったときの対処法は水分を多く摂ること

もしも飲みすぎてて悪酔いしてしまったら、水分を多くとることが大切です。

水分を取ることで体内のアルコールを薄め、さらにアルコールを尿として外に出すことで悪酔いを改善することができます。

後は、悪酔いをしないようにするためにお酒を飲む時に、アルコールだけではなく水分や柑橘系のジュースなどを間に飲むと悪酔いしにくくなります。

まとめ

アルコールの中でも特に悪酔いしやすいといわれているワインや日本酒。

確かにワインや日本酒自体にも悪酔いしやすい要素はありますが、ほとんどの原因はお酒に含まれる添加物などが関係しているようです。

これらを飲むときに悪酔いを避けるためには、添加物が含まれていないものを選ぶと比較的悪酔いをしにくいようです。

もちろん一番大切なのは、飲みすぎないということですけどね。

悪酔いを避けるためにはお酒は自分のペースで楽しんで飲むというのが一番です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ