年末調整の還付金とは?お金はいつもらえるの?計算方法は?

年末調整の還付金

毎年年末になってくるとやってくるのが年末調整ですよね。年末調整とは、毎月の給与から天引きされていた源泉所得税が精算されることです。

ほとんどの人が年末調整還付金が戻るという人が多い中、もちろん逆に不足していれば追加徴収されるという人もいます。

もちろん還付金はその人の条件によってその人それぞれです。

  • では、そもそも年末調整とはどのようなものなのでしょうか。
  • そして還付金はいつもらえるのか?計算方法はどのようにされているのか?

様々な疑問について考えてみたいと思います。

年末調整の還付金って何?

毎年年末になると戻ってくる年末調整の還付金。

これを楽しみにしていたり、忘年会などの費用としてあてにしているなんて言う人も少なくないのでは?

そもそも年末調整の還付金というのは、1年間の間に払いすぎた源泉所得税が戻ってくるもの。

毎月会社の方はで社会保険料控除後の給与が8万8000円以上の人から所得税を天引きする決まりになっていて、これを怠ると法律上違反となります。

ただ、この源泉所得税の額は、配偶者を含めた扶養親族の人数・社会保険料控除後の給与の2点のみしか考慮されていません。

しかし、

  • 生命保険などに加入していたり
  • 期間内に結婚をしたり
  • 社会保険料を自分で支払ったり
  • 本人もしくは家族が障害者の場合

などには様々な控除を受けることができます。

これらが源泉所得税額の決定時に考慮されておらず、年末調整の際に書類を会社に提出することでその分が戻ってくるものが年末調整の還付金となります。

年末調整の還付金はいつもらえるの?

年末調整の還付金がいつもらえるのかというのはとても気になるところですよね。

せっかく戻ってくるお金なら少しでも早く受け取りたいもの。

スポンサードリンク

年末調整の結果、税金の還付の対象になった場合、ほとんどの場合は12月の給与に上乗せして還付されます。

会社によっては翌年の1月になることもあるようなので、気になる人は会社に確認してみましょう。

年末調整の還付金の計算方法とは?

年末調整の還付金はもちろん提出した書類を参考に会社の方で計算をしてくれます。

実際に自分で行うとなるとかなり複雑なので正直言って面倒なのが現実。

では還付金の計算とはどのようなものなのでしょうか?

もともと会社での毎月の給与からの源泉徴収は、給与額と扶養家族、社会保険料しか考慮されていません。

しかし実際には個人的に加入している生命保険や地震保険などもかかわってくるのです。

つまり、これらも源泉徴収として計算することで正しい金額が計算され、実際に支払った所得税と照らしあわされてその差額が還付金として戻ってくるわけです。

最近では自分でも簡単に正しい年末調整の還付金ができる計算ソフトなどが公開されているので、気になる人はぜひ年末調整の計算してみてはいかがでしょうか?

まとめ

年末調整というと、支払いすぎた税金が戻ってくるものとだけ認識をしている人も少なくないのではないでしょうか?

もともと年末調整には毎月の給与では考慮されていない控除額を清算し、実際の支払額との差額を還付金として戻すというものになります。

ほとんどの人は考慮されていない控除額が計算されることによって、戻ってきますが、場合によっては支払額が足りずに余分に支払わなければならないという人もいるのです。

これは必要な書類を会社に提出することにやって会社の方で計算してくれて、ほとんどの会社で12月分の給与に反映されますが、1月の給与でというところもあるようです。

もちろん会社だけでは心配なので自分でという人は、ネットなどで計算方法を調べて計算することもできますが、いろいろと複雑になっているのでなかなか大変です。

毎年の年末調整、必要な書類をしっかりと提出し、間違いのないように行いたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ