野菜ジュースは栄養ある?カロリーや糖分や糖質はどのくらい?

野菜ジュースの栄養

最近ではファーストフード店でも野菜ジュースを取り扱うところが増えましたよね。

他の果物のジュースや炭酸ジュースなどと比べると、野菜ジュースは体に良いというイメージがあり、健康志向の人はついつい注文してしまうという人も少なくないのではないでしょうか?

しかし、野菜ジュース・野菜100%ジュースというと栄養があり野菜だけが入っているから体に良い・太らないというわけではありません。

野菜ジュースでも成分表示を見てみると意外とカロリーが高かったり糖分や糖質が含まれていたりするんです。

では、野菜ジュースというのは実際にはどのようなものなのでしょうか?

スポンサードリンク

野菜ジュースは栄養ある?ない?

野菜ジュースは栄養ある

野菜には体に良い多くの栄養素が含まれているというのは知っていますよね。

特に野菜に含まれている栄養素が食物繊維やビタミンCです。

野菜にこれらの栄養素が含まれているということは、野菜を食べなくても野菜ジュースで補えると勘違いしていませんか?

実は野菜ジュースは野菜からジュースに加工される際、多くの栄養素が失われてしまっているんです。

野菜ジュースで特に失われてしまうのがビタミンC!

ビタミンCは熱に弱いので、野菜からジュースに加熱殺菌される際にそのほとんどが失われてしまうのです。

さらに、食物繊維についても同じです。

ビタミンCほどではないものの、やはり食物繊維も野菜ジュースにはあまり含まれていないものがほとんどです。

ただ、野菜本来のビタミンCや食物繊維は失われていても、野菜ジュースが作られた後に添加されているものであればきちんと含まれています。

きちんとこれらの栄養素を取りたいと考えて野菜ジュースを選ぶ際には、成分表示を確認してこれらが含まれているものを選ぶとよいでしょう。

野菜ジュースのカロリーはどのくらい?

野菜ジュースのカロリー

野菜のカロリーが食品の中でも低いということは知っていますよね。

その為、野菜ジュースも同じくカロリーが低いなんて考えている人はいませんか?

スポンサードリンク

だいたい市販されている野菜ジュースのカロリーは100mlあたり30キロカロリー。

野菜ジュースのほとんどは200mlパックに入っているものが多いですから、1本飲むと60キロカロリーくらいの摂取量となります。

60キロカロリーと聞くとそんなに多くもないようなイメージがありますよね。

しかしこれは市販のスポーツドリンクなどと比べるとかなり多めなんです。

その為、野菜ジュースは野菜と同じだからカロリーが低いと勘違いし、健康のためにがぶがぶ飲んでしまえばもちろんカロリーを多く摂取することになります。

最近ではカロリーゼロの野菜ジュースも販売されているのですが、実はこのカロリーゼロにも落とし穴が。

カロリーゼロというのは、まったくカロリーがないわけではなく、定められた量以下のカロリーであればゼロと謳っていいという決まりがあるんです。

つまり、ゼロカロリーのものならカロリーを気にせず飲めるというわけではなく、わずかでもカロリーの摂取となることを忘れないでください。

野菜ジュースに含まれる糖分や糖質は?

野菜ジュースの糖分や糖質

野菜ジュースには、意外と糖分や糖質が多く含まれているものが多いんです。

しかし、もともと野菜には種類にもよりますが糖質が含まれていますし、野菜ジュースの中でも「砂糖不使用」とされているものであれば糖分は添加されておらず、その野菜ジュースの甘みは野菜本来のものだということになります。

それに、最近の野菜ジュースの中には含まれる糖分や糖質を気にする人のことを考えて、糖質オフのものも販売されています。

どうしても気になる糖分や糖質ですが、どうしても気になるようであれば糖質オフのものを選んだり、成分表を確認して極力含有量が少ないものを選ぶとよいでしょう。

まとめ

野菜ジュースと聞くとどうしても野菜がそのままジュースになっていて体に良いというイメージがありますよね。

確かに自宅で作るものであればそうかもしれませんが、市販されている野菜ジュースには作られる過程で栄養素が失われたり、いろいろと転化されているものが多いのです。

もしも気になる場合には、購入前にきちんと成分表は確認してその野菜ジュースにはどのようなものが含まれ、逆にどのようなものが野菜と比べて少ないのか確認してから購入するとよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ