口内炎の原因はビタミンBやCの不足?ビタミン剤は効くの?

口内炎とビタミンの関係

皆さん1度は口内炎を経験したことがあるのではないでしょうか。

口内炎が一度できてしまうと、しばらくは治らない厄介者。

しかも口内炎ができているあいだは口の中が気になってしまって食事もおいしく食べられませんよね。

口内炎ができる原因はいろいろとありますが、早く治すためにはビタミンが有効ということがわかっています!

では、ここでは口内炎ビタミン不足の関係やビタミン剤でビタミンB・Cを補うのも有効かについて説明していきます。

スポンサードリンク

口内炎の原因はビタミン不足?

口内炎はビタミン不足

ビタミンB群は、エネルギーを作り出すのに欠かせない栄養素。

しかし、現代社会において日々の食事のバランスが崩れてしまっている人が増えていて、その中でもビタミン自体が不足してしまっている人が多くいます。

それだけではなく、日常生活で受けるストレスや飲酒でせっかく摂取したビタミンも大量に消費されてしまい常に不足している状態になってしまっているのです。

実は、このビタミンが不足してしまうことで、口内炎になってしまっている可能性があるのです。

もしも口内炎ができてしまっていつまでたっても治らない場合には、普段の食生活を見直してみてください。

ビタミンが不足しているようであれば、それが原因で口内炎が治りにくくなってしまっていることが考えられます。

その場合には、

  • 食事の中で積極的にビタミンを取る。
  • 難しい場合にはサプリメントなどを活用する。

というのがよいでしょう。

たくさんのビタミンを1つにまとめた体にうれしい「マルチビタミン」

⇒おすすめのビタミンサプリメントはこちら

ビタミンは皮膚や粘膜を守る役割を果たしてくれています。

口内炎でなくてもビタミンは普段からとるようにしたいですね。

口内炎にビタミン剤は効くの?

口内炎はビタミン剤も有効

口内炎の原因の一つとして考えられるのがビタミン不足です。

スポンサードリンク

しかし、ビタミンを摂取するということは、実は口内炎の治療よりも口内炎の予防に効果があるのです。

もちろん毎日の食事の中でビタミンを摂取することができればいいのですが、なかなか難しいものですよね。

そこで便利なのがビタミン剤です。

特に口内炎ができやすい人は、日ごろからビタミン剤を摂取することで口内炎ができるのを防ぐことができます。

それだけではなく、もしも口内炎ができたばかりの時や、口内を噛んでしまったときには、ビタミン剤などでビタミンを多めに摂取することで、それ以上口内炎が大きくなることを防いだり、口内炎をはやっく治す効果が期待できるようです。

つまり、口内炎にならないようにするために、そして口内炎ができてしまった場合にビタミン剤を摂取することは、口内炎ができないようにする・もしくは口内炎を早く治すためには有効!ということが言えます。

実際に市販されている口内炎の飲み薬はビタミン剤が主流です。

ただ、販売会社によって含まれている成分が違ってくるので、自分に合ったビタミン剤を見つけることが大切になってきます。

口内炎に有効なビタミンBとビタミンC

口内炎とビタミンBC

口内炎の予防や口内炎になってしまったときにビタミンが効果があるということはわかったと思います。

しかし、ビタミンにはいろいろな種類がありますよね。

特に口内炎に有効なビタミンといえば、ビタミンBとビタミンCになります。

ビタミンBの役割

ビタミンB、特にB2には、粘膜を保護したり、細胞の成長促進などに働き、口内炎を予防したり口内炎ができた時に少しでも早く治すような効果が期待できるのです。

ビタミンCの役割

ビタミンCにはシミ・そばかすや美容に効果があるということを知っている人は多いと思います。

しかしその他にも細菌やウィルスへの抵抗力を高めたり、ストレスを和らげる効果も期待できるのです。

つまり、ビタミンCを取ることで口内炎ができないよう予防する効果、そしてできてしまったときにそれ以上ひどくならないように防ぐ効果が期待できるのです。

まとめ

ビタミン、特にB・Cには、口内炎にならないように防いだり、口内炎ができてしまったときに少しでも早く治す効果が期待できます。

逆にビタミン不足が原因で口内炎ができてしまうこともあるので、日々の食生活の中でビタミンを摂取することは非常に大切なのです。

ただ、なかなか必要量を取ることができない場合にはビタミン剤を摂取するという方法もあるので、自分に合ったビタミンの摂取方法を見つけましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ