夏バテの食事メニュー|タンパク質やビタミンを簡単に摂取!

夏バテ時の栄養ある食事メニュー

夏バテをしてしまうと冷たいものばかり欲しくなって何も食べたくなくなってしまいますよね。

これって胃や腸などの機能が低下している証拠なんですよ。

でも、何も食べられないからと言って冷たいものばかり口にしていては夏バテはいつまでたっても解消されません。

夏バテしてしまった時の食事メニューに必要な栄養素といえばタンパク質やビタミンです。

では、どのような食品に含まれているのか、その中で特に夏バテをしてしまった時に食べてほしいものにはどんなものがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

夏バテしてしまった時の食事メニューにとりいれたいたんぱく質が多く含まれる食品

暑い時期になると普段以上に体内のタンパク質が消費されているのをご存知ですか。

しかし、消費量が増えても摂取量が変わらなければすぐに体内のたんぱく質が不足してしまいます。

実は夏バテの原因の一つが体内のタンパク質の不足なのです。

では、どのような食品にタンパク質が多く含まれているのでしょうか。

よく夏バテ防止にスタミナ食としてお肉を食べますよね。

夏バテ防止のスタミナメニュー

その鶏肉・豚肉・牛肉にはたくさんのタンパク質が含まれているのです。

夏バテにタンパク質が多く含まれる食事

他にもレバーや卵、そしてビールのおつまみにといえば枝豆というくらい夏の定番の枝豆ですが、そんな枝豆にも豊富にタンパク質が含まれています。

そう、夏バテ防止・夏の定番の食品にはたくさんのタンパク質が含まれているのです。

これを見るだけでも夏にはタンパク質をたくさん取ることが必要だという事がわかりますよね。

でも、夏バテになってしまってはこれらのスタミナ料理を食べるのはちょっと難しいですし、実際に弱った胃腸でお肉などがっつりしたものを食べてもなかなか栄養として吸収されずそれどころか胃もたれを起こしてしまったりします。

夏バテにおすすめな豆腐料理

そんな時にお勧めなのがお豆腐です。

スポンサードリンク

お豆腐も原料は大豆なので、たくさんのタンパク質が含まれているのです。

それにお豆腐なら口当たりも良くて夏バテの時にも食べやすそうですよね。

夏バテをしてしまってあまり食欲がないという人はぜひお豆腐を食べてみてください。

夏バテしてしまった時の食事メニューに取りたいビタミン豊富な食品とは?

夏バテをしてしまった時にタンパク質とともに重要になってくるのがビタミンです。

特にビタミンB1、B2は夏バテ解消に効果的だと言われています。

ではどのような食品にビタミンB1、B2が含まれているのでしょうか。

実は、夏バテに大切な栄養素、タンパク質が多く含まれている食品の中には合わせてビタミンがおおくふくまれているものがおおいのです。

例えば、豚肉・レバー・枝豆・豆腐・うなぎなどです。

豚肉や豆類はタンパク質も豊富なので、夏バテ防止にも効果が期待できますし、夏バテをしてしまった時にもぜひ食べてほしい食品です。

夏バテに必要な栄養素ビタミン

他にもうなぎも夏バテ防止のスタミナ食として広く知られています。

ただ、ビタミンB1、B2はクエン酸を一緒に摂取することで体内に吸収されるので、クエン酸が含まれる食品を一緒に食べるとより効果的です。

クエン酸が多く含まれるものは酸っぱいもの。

梅干し・お酢・レモンなどです。

つまり、これらをうまく組み合わせた料理を食べれば、効率よくタンパク質・ビタミンを摂取することが出来るという訳です。

夏バテ防止、夏バテに効果ありな簡単食事メニュー。

夏バテに重要な栄養素といえばビタミンB1、B2・タンパク質ですが、暑い時期は簡単に作れて食べやすいメニューがいいですよね。

ではどのようなメニューがお勧めでしょうか。

簡単につくれる夏バテに効果的な食事

例えば、お豆腐だったらポン酢をかけた冷奴、豚肉を入れたゴーヤチャンプルーなどがお勧めです。

レバーにもビタミン・タンパク質が豊富なのでレバニラ炒めなども良いでしょう。

枝豆はやはりそのまま食べた方が美味しいですよね。

◇まとめ

意外と夏の代表的な料理や食材には夏に必要なビタミン、タンパク質が豊富に含まれているものが多いものです。

夏はスタミナをたっぷりつけて暑さなどに負けずに元気に過ごしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ