おねしょをする小学生の子供|パンツやシーツ・布団の対策法!

おねしょをする小学生

子供が大きくなるにつれて気になってくるのがオムツ外れの問題。

昼間のオムツなら遅くても2~3歳くらいで外れてしまう人がほとんどですよね。

でも、夜のオムツというのはなかなか難しいもので、寝る前にトイレに行っても夜おねしょをしてしまって困るという人は少なくないと思います。

もし夜のオムツが外れても、小学生くらいでも時々おねしょをしてしまうという子もちらほら。

そんなおねしょをする小学生の子供に寝る時のパンツやシーツ・布団にいい対策方法がないかな?と思うはずです。

もしおねしょをしてしまった時に布団を汚さないために普段からどのようにしておけば良いでしょうか?

スポンサードリンク

小学生でおねしょをしてしまう場合、パンツはどのような対策をしておけばいい?

小学生でも夜にどうしてもおねしょをしてしまうという子はまだ少なくないと思います。

だからと言って、小さい子であれば赤ちゃん用のオムツのサイズでまだ間に合いますが、大きくなってしまうとそのサイズも履けなくなってしまいますし、正直言って毎日オムツを利用するとかなりの経済的負担になります。

そんな時に便利なのが「おねしょパンツ」です。
こんな感じのもので「女の子用・男の子用」があり、サイズもいろいろあります。↓↓

おねしょパンツとは、見た目は普通のパンツですが、夜のおねしょをしっかりと受け止めてくれるという「洗えるオムツ」のようなものです。

ただオムツと違うのは生地こそおしっこを吸収するために少し分厚いのですが、消臭素材を利用しているので匂いがしにくく、使ったら洗濯機で洗えて何度も使用することが出来るというところ。

何よりも見た目が普通のパンツと変わらないのでおねしょを気にしているお子さんでも違和感なく使ってくれるという所のようです。

スポンサードリンク

男の子用・女の子用・ブリーフ・ボクサータイプなど種類も豊富なので、夜のオムツを気にするお子さんにぜひ使ってみてはいかがですか?

小学生でおねしょをしてしまう場合、防水するシーツにはどのようなものがあるの?

夜のおねしょで一番気になるのが布団を濡らしてしまう事。

布団は他の寝具と違ってシーツは洗うことが出来ても布団自体は家で洗うことは出来ません。

外に干しても目立ってしまいますし、当然シミが残ります。

そんな時に役立つのが布団を汚さない防水加工がされたシーツです。シングルやダブルなどサイズや色がいろいろありますよ!

もちろん防水加工がされているので、布団の上に寝てくれればもしおねしょをしてしまった場合でも布団を汚すことはありません。

ただ、問題なのは子供の寝相…。

子供って、すごい寝相ですよね。

特に昼間にたくさん遊んだ子はその分夜の寝相が悪くなると聞いたことがありますが、柵のある別途ならともかく、布団の場合は布団をはみ出して寝ていることもありますよね。

そうすると、せっかく防水シーツを布団に敷いても意味がなくなります。

防水シーツは洗濯機で洗えないタイプもありますので、上記のように洗濯機で洗うことができるものを選ぶのがおすすめです。

洗えないものを無理に洗うと防水シーツが原因で洗濯機の事故が起こることもあるそうですよ。

もちろん寝心地的には防水シーツの方が良いですが、レジャーシートでも代用できるので(布団にレジャーシートを敷き、そこにシーツをかぶせるなど)、いろいろと工夫してみるのも方法です。

小学生でおねしょをしてしまう場合、布団はどのように対策をすればいいの?

おねしょをしてしまうお子さんの布団の対策、どうしても布団を汚したくないというのであれば防水シーツなどを使用することをお勧めします。

お子さんの寝相が悪くなければそれで布団が汚れることだけは回避することが出来ますよね。

ただ、お子さんの寝相が悪くて布団からはみ出して寝てしまうようでは意味がありませんが。

もしお布団を汚してしまった場合にはなるべく早くおしっこの素であるアンモニア成分を取り除くことが大切です。

一番簡単なのは少量の水をかけてタオルなどで吸い取るという事を2~3回繰り返すこと。

お湯ではアンモニア成分が固まってしまうので水というのがポイント!

おねしょの布団の洗濯
そしたら天日干しをしましょう。

まとめ

小学生でおねしょをしてしまう子も、少なからずいます。

親としてはとても心配ですが、一番気にしているのは本人という事を忘れないでください。

もしおねしょをしても叱らずに見守ることが大切です。

おねしょは必ず治るものなので、それまでは子供と話して対策をするという事が必要になってきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ