寒さ対策の服装のポイントは?上手な服の着方とは?

寒さ対策に欠かせないにはどんなものがあるのでしょうか?また素材の組み合わせ方など寒さ対策ができる服装のポイントや上手な服の着方についても確認していきましょう。

寒さ対策の服

寒い時期になると、いろいろと防寒対策を考えますよね。

特に外に出るときに必須になってくるのが服装です。

寒い時期ならたくさん着ればそれなりに暖かいものです。

しかし、なるべくならスマートに着こなしたいものですよね!

ではここでは寒さ対策に欠かせない服装について見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

寒さ対策に欠かせない服とは?

外出するなら少しでも温かい恰好をしていきたいものですよね。

暖かい恰好をするならやはりたくさん着ればいいというイメージがあります。

しかし、たくさん着てしまうだけではちょっとイマイチ!

実は最近の服には寒さ対策ができるものがいろいろと販売されているんです。

断熱効果のある肌着

例えば肌着などでも1枚で断熱効果が期待できるものがいろいろと出ていますよね。

肌の露出を控えた服装

もちろん寒さをしのぐためには、なるべく肌の露出を控えることが必要になってきます。

その為、ちょっとした露出を防ぐ服装も必要になってくるというわけですよね。

靴下やネックウォーマー

靴下やネックウォーマーなどのアイテムも寒さ対策には不可欠です。

寒さ対策ができる服装のポイントは?

寒さ対策の服装といっても、ただやみくもに重ね着すればいいというわけではありません。

寒さい対策ができる服には素材というものがありますよね。

その素材を上手に組み合わせることでさらに暖かくすることができます。

ではどのような組み合わせがいいのでしょうか。

1枚目

まず1枚目が肌着ですよね。

肌着には今人気の着ることによって体温から出る熱を保温してくれるものや汗を吸って湿気を逃がしてくれる素材がおすすめです。

スポンサードリンク

2枚目

次に2枚目のインナーですが、こちらは綿やウールなどの素材で裏起毛のものがおすすめです。

3枚目

そして3枚目ですが、こちらはニットやスエット、フリース素材のものがより温かくしてくれるのです。

さらにアウターには、それまでにき重ねた服での温かさを逃がさない裏地がついているものがおすすめですよ。

上手に組み合わせて寒い外でもより温かく過ごしたいですね。

寒さ対策の上手な服の着方とは?

寒さ対策をする際、どうしてもたくさん服を着れば着るだけ暖かいというイメージがありますよね。

しかし、重ね着をしてしまうとどうしても

  • 見た目が着ぶくれてしまう
  • 動きにくくなる

というデメリットもあります。

そうならないためにもまずは上手に重ね着をする必要があります。

薄着でも温かい素材を重ね着することで十分に温かくなることができます。

そしてもう一つ大切なのが、肌の露出を少なくすることです。

3つの「首」をしっかりとカバーする

より露出を抑えて暖かさをキープするためには3つの「首」をしっかりとカバーすることが大切です。

それが、首、腕首、そして足首です。

これらをしっかりと抑えて冷たい空気が身体に入らないようにすることでより暖かさをキープすることができるんです。

まとめ

どうでしたか?

冬はその寒さからどうしても外出を控えたくなりますよね。

しかしやはり外出をしなくてはいけない場面は少なくありませんし、寒い時でもきちんとおしゃれをしていきたいですよね。

そんな時に暖かさを重視すればいいのか、それとも多少の寒さは我慢しておしゃれを重視すればいいのか、迷ってしまうところだと思います。

今ではインナーやそれに重ねて着る服にも1枚だけで十分に温かいものがたくさん販売されています。

そのような服を上手に重ねて着ることによって、着ぶくれするどころかきちんとおしゃれを楽しみながら寒さ対策をすることができるのです。

防寒専用の服をしっかりと選んで寒い冬でも温かく外出したいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ