耳かきのコツや耳掻きの頻度とは?痛いのはしすぎが原因?

耳かきコツや耳掻きのやり方とはどのようなものでしょうか。

耳かきが痛いのはしすぎが原因でしょうか。その場合は頻度をどのくらいにするのがいいいか確認をしていきましょう。

耳かき(耳掻き)

耳かきが好きな人って結構多いですよね。

ついつい手があいたときにのんびりとテレビを見ながら耳かきなんて言う人も多いのではないでしょうか?

しかし、意外と多いのが、耳かきのやり方を間違っている人が多いということ。

耳かきのやり方が間違っていたり頻繁に耳かきをしたりすると、耳を傷める原因にもなってしまいます。

では、ここでは耳かきのやり方などについて見ていきたいと思います。

    目次

  • 耳かきのコツや耳掻きのやり方とは?
  • 耳かきすると痛いのは耳かきのし過ぎが原因?
  • 耳かきの頻度はどのくらいがいいの?
スポンサードリンク

耳かきのコツや耳掻きのやり方とは?

まず、耳かきのやり方を見ていきたいと思います。

耳かき棒は奥まで入れ過ぎないこと!

耳かきの好きな人は耳かき棒を奥まで耳に入れてガリガリと掃除をするのが気持ちいという人も少なくありませんよね。

しかし、これを行うと

  • 耳の中を傷つけてしまったり
  • 外耳炎
などの原因になってしまうのであまりお勧めできません。

耳かきは優しく!

では、耳かきはどのようにすればいいのかといえば、コツは「やさしく行う」ということです。

綿棒や耳かきで耳かきをするわけですが、本来耳垢というのは耳から1センチ以上奥にはたまりません。

その為、綿棒や耳かきは1センチ程度行えば大丈夫です。

そして行うときにはやさしく行うようにしましょう。

ついついガリガリと行ってしまう人もいますが、そうすると耳を傷つけてしまうので、あくまでやさしく行うようにします。

●耳かき(耳掃除)のアイテムって本当にたくさんの種類がありますね!!

⇒耳掃除用品のおすすめアイテム一覧はこちらです。

耳かきすると痛いのは耳かきのしすぎが原因?

耳かきをしていると、耳が痛いと感じることってありませんか?

実は耳が痛くなる原因には様々なものが考えられるのですが、その一つに「耳かきのし過ぎ」というものがあります。

スポンサードリンク

耳掃除のしすぎは炎症の原因に!

耳かきが好きな人は、ついつい暇な時に毎日のように耳かきをするという人もいると思います。

しかし、耳掃除をしすぎで耳の内部が炎症を起こしてしまうことがあるのです。

耳かきや綿棒は清潔にして使用すること!

耳かきを行うときには、耳かきや綿棒を使用しますよね。

どちらを使えばいいのかという人もいますが、基本的には耳垢が渇いている人は耳かき、湿っている人は綿棒がおすすめです。

ただ、耳かきや綿棒が不潔だと、そこについた雑菌が耳の中で繁殖してしまい、耳の痛みの原因となってしまうことがあります。

その為耳かきを行うときには清潔な耳かきや綿棒を使ったり、頻繁に耳かきをしすぎないようにしましょう。

●耳かき(耳掃除)のアイテムって、どれが人気あるのかリアルタイムのランキングを確認できます!

⇒耳掃除用品の最新の人気ランキングはこちらです。

耳かきの頻度はどのくらいがいいの?

耳かきはどのくらいの頻度で行ったらいいのかあまり気にしませんよね。

しかし、耳かきというのは頻繁に行いすぎても逆に耳垢をためすぎるのもよくありません。

耳かきの頻度の目安

では、実際に耳かきはどのくらいに頻度で行ったらいいのでしょうか?

耳かきはの頻度の目安はだいたい1ヶ月に2回程度で十分なのです。

頻繁にやりすぎたり、逆に長い間やらなかったりしても耳を傷める原因になってしまうので注意しましょう。

耳垢のたまり方によっては、1ヶ月に1回程度でも大丈夫だという人もいます。

耳かきが好きで、毎日のように耳かきを行うという人もいますが、これは耳にとってあまりよくありませんので、控えるようにしたほうがいいでしょう。

まとめ

耳かきというのはその頻度もやり方もその人それぞれですよね。

耳というのは、とても敏感な器官の一つです。

その為、耳かきの基本は1ヶ月に2回程度を目安に行うこと、そして強い力で行わずにやさしく行うことが大切なのです。

耳かきによっては耳を傷めてしまう原因となってしまうので、注意が必要です。

耳かきに自信がないという人や、お子さんの耳かきが不安だという人は、耳鼻咽喉科で行ってもらうという方法もあります。

耳かきを正しく行って耳を清潔に保つようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ