耳鳴りの原因って何?なぜ音はキーン?耳鳴りの治し方はある?

耳鳴り原因にはどんなことが考えられるでしょうか?そしてなぜ音はキーンなのでしょうか?

また耳鳴りの治し方はあるのか確認をしていきましょう。

耳鳴りの原因

耳鳴りって、誰もが一度は経験があるのではないでしょうか?

通常は「キーン」という音が聞こえることが多いようですが、他にもさまざまな音が聞こえてくることもありますし、人によっても聞こえ方が違うようです。

では、なぜ耳鳴りは起こるのでしょうか?

その原因や治し方について見てみたいと思います。

    目次

  • 耳鳴りの原因ってそもそも何?
  • 耳鳴りの音はなぜキーンなの?
  • 耳鳴りの治し方ってあるの?
スポンサードリンク

耳鳴りの原因ってそもそも何?

耳鳴りというのは、何の前触れもなく突然聞こえてくるものですよね。

そもそも耳鳴りがなる原因って何なのでしょうか?

耳鳴りの原因には実は様々な原因が考えられています。その多くが生活習慣がかかわっているといわれているのです。

ではどのようなことが耳鳴りにつながるのでしょうか?

ストレス・寝不足・疲労が原因の場合

まず一番多いのが、ストレスや寝不足・そして疲労です。

この3つが続くと他にも身体への様々な悪影響を及ぼしますよね。

実はこれが耳鳴りにつながっていくんです。

例えば、ストレスをためてしまうと自律神経のバランスを崩してしまいますよね。

これが耳鳴りの原因となってしまうのです。

女性に多いホルモンバランスの悪化が原因の場合

次に女性に多いのがホルモンバランスの悪化。

ホルモンバランスが崩れると、内耳にリンパ液が溜まりむくんでしまいます。

これが耳を圧迫し、耳音がするようになるのです。

聴力の低下が原因の場合

そしてよくお年寄りが耳鳴りをよく聞くという話を聞きませんか?

実は聴力の低下が耳鳴りの原因ともなるのです。

聴力が低下することによって今まで聞こえなかった周波数の音が聞こえるようになり、それが耳鳴りとなるのです。

このように、耳鳴りの原因は様々なものが考えられます。

スポンサードリンク

耳鳴りの音はなぜキーンなの?

耳鳴りで聞こえる音といえば、ほとんどの人が「キーン」という音だというと思います。

しかし、実際には、キーンだけではなく、セミの音のような「ジー」という音や「ボー」という低い音の耳鳴りを聞く人もいます。

では、その中でもキーンという耳鳴りはどのような時に起こるのでしょうか。

耳の機能が衰えでキーンという耳鳴りに!

実は、耳鳴りの中でもキーンという高い音は、加齢とともに耳の機能が衰えると聞こえやすい音なんです。

その為、よく高齢の方が耳鳴りを聞くと「キーン」という意図だといいますよね。

自律神経失調症などでキーンという耳鳴りに!

そのほかにも、自律神経失調症や、睡眠不足・ストレスなど一番耳鳴りの原因と考えられるときに効かれるのが「キーン」という音なのです。

因みに、キーンという耳鳴りの場合にはあまり心配はありませんが、他の音の場合には重大な病気の可能性もあるので、すぐに病院に行くことをお勧めします。

耳鳴りの治し方ってあるの?

耳鳴り、やはりずっと聞こえているとちょっと煩わしいものですよね。

そんな耳鳴りを治す方法ってあるんでしょうか?

耳鳴りを治すためには、やはりまずその原因を知ることが大切になってきます。

  • たとえば、ストレスや睡眠不足が考えられる場合には、まずは生活習慣を見直すことが大切になってきます。
  • もちろん病気が考えられる場合には、直ちに病院に行くようにしましょう。

そのほかで耳鳴りを治したい場合には、ツボ押しや食事療法、漢方、サプリメントなどを使用する方法があります。

特に食事療法やサプリメント・漢方薬は、自宅でも気軽に行うことができるのでお勧めです。

もちろん、原因が違うところにあれば、いくら行っても意味はありません。

まずは、このような方法を続けてみることから始めてみてください。

まとめ

ふと気づくと聞こえる耳鳴り。

聞こえているときは煩わしいのですが、気づくと収まっているのであまり気にしないことも多いですよね。

耳鳴りの主な原因は生活習慣やホルモンバランスなどが考えられます。

ただ、時には重大な病気が潜んでいる可能性もあるので、もしも耳鳴りが発生したら、どのように聞こえるかをまずしっかりと知るようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ