ふくらはぎがつる原因と痛みの治し方や対処法!夜中が多いのはなぜ?

ふくらはぎつる原因というのは、どんなことが考えられるでしょうか。

ふくらはぎがつったときの痛みの治し方や対処法、寝ている時や夜中が多いのはなぜなのかも確認していきましょう。

ふくらはぎがつる

ふとした時に急にふくらはぎがつって痛みで動けなくなってしまうということってありますよね。

特に寝ているときに急に起こるふくらはぎがつるということ。

次第に痛みはなくなり、痛みさえなくなってしまえば特に気にならないのでそのままにしてしまうという人も多いと思います。

ただ、ふくらはぎがつるときはかなり痛みがありますし、何度も繰り返すという人も少なくないのではないでしょうか?

では、そんなふくらはぎがつる原因というのはどのようなことが考えられるのでしょうか?

そしてもしもつってしまった場合にはどのように対処すればいいのでしょうか?

    目次

  • ふくらはぎがつる原因とは?
  • ふくらはぎがつったときの痛みの治し方や対処法は?
  • ふくらはぎがつるのは夜中が多いのなぜ?
スポンサードリンク

ふくらはぎがつる原因とは?

ふくらはぎがつっても、特に原因を深く考えることはないかもしれません。

でも何度も繰り返すとちょっと気になりますよね。

ではそんなふくらはぎがつる原因を見ていきたいと思います。

ふくらはぎがつる原因というのはいくつも考えられます。

筋肉の疲労

まず考えられるのが筋肉の疲労です。

ふくらはぎは普段からよく使いますし運動でも酷使される部分です。

その為、筋肉疲労で脳から神経への伝達が伝わりにくくなりけいれんを起こしてしまうということが考えられます。

同じ様な原因で運動不足も考えられます。

水分不足

次に考えられるのが水分不足。

意外と関係なさそうですが、水分不足になると栄養が身体全体に行きわたらなくなりふくらはぎがつる原因となるのです。

ストレス

ストレスもふくらはぎがつる原因として考えられます。

スポンサードリンク

ストレスがたまると血流が悪くなり、そうなるとやはり体に栄養が行き届かなくなり、筋肉が慢性的に緊張することでふくらはぎがつることになります。

他にも加齢や冷え、お酒の飲みすぎ、さらには重大な病気がかかわっていることがあります。

一言にふくらはぎがつるということを言っても様々な原因が考えられるのです。

ふくらはぎがつったときの痛みの治し方や対処法は?

ふくらはぎがつってしまったら、少しでも早くその痛みから解放されたいですよね。

ふくらはぎがつったらどうやって解消しようとしますか?

まずはつった部分をもんで治そうとする人が多いのではないでしょうか?

筋肉を伸ばす

しかし、一番代表的なものは筋肉を伸ばすことが一番効果的です。

ただ、膝を伸ばして足を一直線にした状態にしても意味がありません。

足を延ばさずに筋肉を伸ばすようにしましょう。

マッサージやストレッチ

そして、血行を良くするという意味ではマッサージやストレッチも有効です。

それが難しい場合には、市販の温湿布やテーピングなども効果的ですよ。

ふくらはぎがつるのは夜中が多いのなぜ?

ふくらはぎがつるのが一番多いのは、寝ているときという人も多いのではないでしょうか?

ふくらはぎが急につって痛みで目が覚めるということもあると思います。

実は、ふくらはぎが夜中につるということは、昼間につるということと原因が異なっていることが多いのです。

その原因として考えられているのが、発汗や冷えによる血流の低下です。

血行不良が原因で寝ている時につる!

特に寝ている間は血行不良になりやすいので、ふくらはぎもつりやすくなるのです。

特に夏場にエアコンなどで冷えた部屋で何もかけずに寝ていたりすると、血行不良になってつりやすくなるようです。

まとめ

どうでしたか?

ふとした瞬間につってしまうふくらはぎ、結構な痛みがありしばらく動けずに困りますよね。

その原因のほとんどは、筋肉や血流が関係しているのです。

もしもふくらはぎがつりやすいという人は、普段からストレッチなどで筋肉をほぐしてつりにくいようにすることも解決方法の一つですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ