足がつる理由は栄養不足?足がつる場合の対処方法と対策は?

足がつる理由は栄養不足が原因というのは本当なのでしょうか。

足がつった場合の対処方法や治し方にはどんなものがあるのか、また足がつらない対策方法には何があるのか確認していきましょう。

足がつる理由

身体を動かしていた時や、寝ているときに足がつったりした経験はありませんか?

足がつってもしばらくすれば、治ってしまうので、特に原因などを考えたことはないと思います。

しかし何度も足がつるのを繰り返すとなると、やはり気になってくるのは原因ですよね。

なぜ足がつってしまうのでしょうか?

    目次

  • 足がつる理由は栄養不足が原因?
  • 足がつる場合の対処方法や治し方とは?
  • 足がつる場合の対策方法とは?
スポンサードリンク

足がつる理由は栄養不足が原因?

足がつる原因は様々!

足がつる原因は主に

  • 筋肉の疲労
  • 血行不良
  • 中には重大な病気

がかかわっていることも考えられます。

栄養不足も原因の一つ!

しかし、それだけではなく、実は栄養不足がかかわっていることもあるのです。

そしてその理由の一つとしてミネラルバランスの乱れによる筋肉の動きを調整する機能の不調も考えられます。

つまり、ミネラル不足が原因とも考えらるのです。

血液中のミネラルイオンがバランスを崩すと、筋肉の異常興奮状態である痙攣が起きやすくなるのです。

カルシウム・ビタミン・タウリンの摂取がおすすめ!

そのため、

  • カルシウムが多く含まれる小魚
  • マグネシウムが含まれる大豆製品やアーモンド

などを摂ることをお勧めします。

さらに、足がつると原因として不足していると考えられる栄養素にはビタミンやタウリンが考えられます。

  • ビタミンはビタミンB1、卵や豚肉など
  • タウリンはイカやタコなどの魚介類

を摂るようにしましょう。

足がつる場合の対処方法や治し方とは?

足がつってしまった場合、どのように対処していますか?

最初はとても痛いものですが、そのままにしていても自然に治ってしまいますよね。

スポンサードリンク

しかし、実際にはどのように治すのが一番良い方法なのかあまり意識したことはないと思います。

ではどうすればいいのでしょうか。

足がつってしまった場所はついつい強くマッサージしがちですが、これは筋肉や筋にダメージを与えてしまう可能性があるのでやめてください。

足がつった場合は、ゆっくり伸ばす

足がつってしまったときの対処方法として一般的なのは、足を延ばす方法です。

ムリに伸ばしたりせずにゆっくり伸ばすことが大切です。

痛みが治まってきたら、つった部分をやさしくマッサージをします。

足がつる場合の対策方法とは?

一度足がつってしまうと癖になってしまい、頻繁に起こってしまうことも少なくありません。

その場合には、足がつらないように日ごろから対策をしておくことが大切になってきます。

マッサージやストレッチ

足がつらないようにする為には、一つ目に大切なのはマッサージやストレッチです。

ふくらはぎを手で軽くもんだりしておくことで、普段のふくらはぎの筋肉の疲れが解消されます。

毎日のストレッチを習慣化することで足がつるのを防ぐことができます。

足の筋肉量を増やす

次に、足の筋肉量を増やすことも対策方法の一つです。

脚の筋肉量を増やし、血流がよくなることから回復にもつなげることができます。

食生活を見直す

そしてもう一つが食生活を見直すことです。

足がつる原因の一つがミネラルやビタミンの不足です。

普段からの食事からしっかりとこれらを摂取するようにし、難しい場合にはサプリメントなどを活用するようにしましょう。

まとめ

どうでしたか?

普段、足がつっても何気なくそのまま自然に治るのを待っていたり、無理に強くその部分をもんだりしていませんか?

足がつる原因には、栄養不足をはじめ、様々なものが考えられます。

それに、実際に足がつってしまったときにも適切な対処をすることで、改善することができます。

一度足がつってしまったら、慢性化する場合もあるので、足がつらないように普段から対策をしておくことも一つの方法です。

足がつる原因には重大な病気がかかわっていることもあるので、あまり軽視しない方がいいかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ