足がつる原因や理由は病気が関係?予防方法でおすすめは何?

足がつる原因や理由にはどのようなものがあるのでしょうか、足がつるのは病気が原因の場合もあるのでしょうか。

また予防する方法はあるのか確認してみましょう。

足がつる原因

突然足がつって激痛に陥ることってありますよね。

足がつった時ってどのような対処方法を行っていますか?

足がつってしまったら、つっている筋肉をゆっくり伸ばすようにする必要があります。

そうすれば、ひとまず激痛からは回避することができます。

しかし、そもそもなぜ足がつってしまうのでしょうか?

そして、予防することはできるのでしょうか?

目次

  • 足がつる原因や理由にはどのようなものがあるの?
  • 足がつるのは病気が原因?
  • 足がつる場合の予防法でおすすめは?
スポンサードリンク

足がつる原因や理由にはどのようなものがあるの?

そもそもなぜ足がつるのでしょうか?

すぐに解消されてしまいますし、特に何も気にしていないという人も少なくないと思います。

しかし、足がつる原因というものは実にさまざまなのです。

水分不足

まず一つ目が運動による水分エネルギー不足が考えられます。

運動をして汗をかくことで体のイオンバランスが崩れて筋肉からの信号がうまく出なかったり、筋肉へのエネルギー補給が間に合わなかったりすると足がつると考えられています。

身体の冷え

次に、身体の冷えによる筋肉の緊張です。

身体が冷えると血行不良でエネルギー不足となり、さらに筋肉が緊張することで足がつると考えられます。

筋力の衰え

他にも、加齢による筋力の衰えが足の釣りが起きやすく原因と考えられています。

このように、足がつる原因はさまざまなのです。

足がつるのは病気が原因?

足がつるのは、ほとんどの場合は運動や発汗で、症状が収まれば特に問題はありません。

しかし、中には重大な病気が原因がかかわっていることがあります。

病気が原因と考えられる場合

そのいくつかの例が、

  • 糖尿病
  • 椎間板ヘルニア
  • 脳梗塞
  • 閉塞性動脈硬化症

などです。

特に閉塞性動脈硬化症や脳梗塞は無視できませんよね。

足がつるという症状のほかにも、

  • 足がしびれる
  • マヒがある
  • むくみがある
  • のどが渇き
  • 多飲

などの症状がある場合には、なにかの病気が原因と考えられることもあります。

そんな時には一度病院を受診することをお勧めします。

スポンサードリンク

足がつる場合の予防法でおすすめは?

実は一度足がつると癖になりやすいといわれています。

しかも、年を重ねるにつれて足がつる症状が慢性化するというケースが多いようです。

一度だけではなく、頻繁に足がつってしまうというのであれば注意が必要です。

なぜなら、

  • 夜中足がつって何度も目が覚めて不眠症になってしまったり
  • 痛みが残って生活に支障をきたしてしまう

ということも考えられるからです。

そんな足がつる症状、予防する方法というのはないのでしょうか?

足がつるのが慢性化してしまわないようにいくつかの予防方法があるので参考にしてみてください。

ストレッチやマッサージを行う

一つ目は、ストレッチやマッサージを行うことです。

ふくらはぎを手で軽くもんだりしてマッサージをすると、普段の筋肉の疲れを解消することができます。

定期的にマッサージを行うことで足がつるのを予防することができます。

筋肉量を増やす

次に、脚の筋肉量を増やすことです。

脚の筋肉を期待得ることで、血流がよくなり、疲労回復にもつながるのです。

特におすすめなのがスクワットで、スクワット運動は足の筋肉が効率よく鍛えることができる運動です。

簡単な動きで誰にでもすぐに行うことができますが、意外と疲れる動きなので、やりすぎないようにしましょう。

食生活を見直す

そして最後に、食生活を見直すことも大切です。

食事はバランスよく食べ、とくに筋肉の動きに密接にかかわるカルシウムやマグネシウムを積極的に取り入れることをお勧めします。

まとめ

足がつるというのには、何か原因が考えられるもの。

特に問題はないとしても、時には重大な病気にかかわることも考えられます。

頻繁に足がつるという人は、普段からしっかりと足がつらないように予防をしておくことが大切になってきます。

そして、足がつるほかにも何か症状がみられる場合には、一度医療機関を受診することをお勧めします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ