糖尿病の原因とは?甘いものを食べるとなる?チョコレートは大丈夫?

糖尿病原因にはどんなことが考えられるでしょうか。糖尿病は甘いものを食べるとなるのか、それとも関係ないのか。

またチョコレートは食べても大丈夫なのか見ていきましょう。

糖尿病の原因

糖尿病、今では国民の5人に1人以上が患者かその予備軍といわれている国民病となりつつあります。

そんな糖尿病、重症になると人工透析などを受けなければならず、なかなか大変なものですよね。

出来れば糖尿病にはなりたいくないと考えている人も多いのではないでしょうか。

そんな糖尿病になってしまう原因と考えるのが、太ってしまうこと、そして甘いものや脂っこいものを食べすぎてしまうことなどですよね。

では、そんな糖尿病についてここではいろいろとみていきたいと思います。

    目次

  • 糖尿病の原因とは?
  • 糖尿病は甘いものを食べるとなるの?それとも関係ない?
  • 糖尿病の人はチョコレートを食べても大丈夫?
スポンサードリンク

糖尿病の原因とは?

そもそも糖尿病はなぜなるのでしょうか。

それは、インスリンが膵臓から分泌されないか、インスリンの量が不足している、分泌されているのに十分に作用していないなどの理由で、高血糖になることを言います。

そして糖尿病には1型糖尿病・2型糖尿病に大きく分けることができます。

1型糖尿病の原因とは?

1型糖尿病の原因は、膵臓がインスリンをほとんど、もしくは全く作らないためにインスリンの量が足りずに起こる糖尿病です。

こちらの原因ははっきりわかっていませんが、遺伝や環境が原因といわれています。

2型糖尿病の原因とは?

そしてほとんどの人は2型糖尿病だといわれていますが、こちらは運動や食事などの生活習慣が原因だといわれています。

具体的な原因としては、肥満・ストレス・加齢・食べすき、そして味覚障害なども原因だと考えられています。

1型糖尿病は防ぐことは難しいですが、2型糖尿病は予防すれば防ぐことができるものです。

自分は太りすぎ、食べすぎだと自覚している人は特に注意する必要があるといえるでしょう。

スポンサードリンク

糖尿病は甘いものを食べるとなるの?それとも関係ない?

糖尿病と聞くと、甘いものを食べすぎるとなりやすいというイメージがありますよね。

確かに2型糖尿病の原因の一つとして甘いものの摂りすぎが考えられます。

甘いものだけが原因というわけではありません!

しかし、特に甘いものだけの摂りすぎが糖尿病につながるわけではありません。

糖尿病の原因は、インスリンの量が不足し、慢性的に高血糖の状態となることです。

つまり、高血糖状態になり続けることが糖尿病なのです。

高血糖になりやすい状態というのは、もちろん甘いものもそうですが、必ずしも甘いものだけが原因というわけではありません。

脂っこいものを摂ることも原因になる!

むしろ高血糖になりやすいのは脂っこいものを摂ることです。

つまり、必ずしも甘いものを取るから糖尿病になるというわけではなく、他にも脂っこいものを多くとりすぎることによって糖尿病になりやすくなるのです。

糖尿病の人はチョコレートを食べても大丈夫?

糖尿病の人にとって、チョコレートというと大敵というイメージがありますよね。

もちろんチョコレートには糖分や脂肪分が多く含まれ、血糖値を上げやすい食品になるので裂けた方がいいといえるでしょう。

しかし、中にはどうしてもチョコレート大好きで食べたいという人もいますよね。

カカオ純度が70%以上のダークチョコレートがおすすめ!

実は、最近糖尿病にチョコレートに含まれるポリフェノールがよいという健康効果が報告されているのです。

ポリフェノールには血圧を下げ、インスリンの効きをよくする、血糖値を下げる、動脈硬化を防ぐなどの健康効果が認められているのです。

と、言ってもやはり市販のミルクチョコレートなどには肝心のポリフェノールは少なく、もちろん糖分やカロリーを摂りすぎてしまいます。

チョコレートで健康効果を期待したい、どうしてもチョコレートを食べたいという人は、カカオ純度が70%以上のダークチョコレートをお勧めします。

もちろんチョコレート自体のカロリーも高いので、1日1かけら程度にしておくことが大切です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ