自転車の乗り方|練習方法のコツや教え方のポイントとは

自転車の乗り方

子供の頃に必ず通らなくてはならないのが自転車に乗れるようになること。

早い子だと3~4歳くらいで乗れてしまっている子もいてビックリします。

でも、やはり乗れるようになるまでは皆大変な思いをして練習をしているものです。

出来ればなるべく早くお子さんには自転車に乗ってもらいたいものですよね。

では、自転車の上手な乗り方というのはあるのでしょうか?

スポンサードリンク

子供の自転車の乗り方の練習方法は?

初めて自転車に乗る子でも意外と簡単に乗れるようになってしまうものです。

しかし、簡単に乗れるようになるには教える側にも知識が必要です。

自転車に乗れるようになるために一番大切なのは倒れないように走るバランスです。

バランスさえ体で覚えてしまえばもう乗れたも同然です。

ではどのように子供にバランスを取らせることが出来るのでしょうか?

それは、最初から補助輪を外してしまう事です。

補助輪がついていればどんどん自転車をこげるという子であればもう補助輪は必要ありません。

次に、ペダルに足をかける前にまずは足だけで自転車を蹴って進む練習をさせます。

すると左右で倒れる心配もなく自然とバランスが身に付きます。

これで両足が離れた状態で数秒ずつ進めるようになったら今度はペダルに足をかけて練習を始めます。

最初からバランス感覚が養われているので、少し練習をしただけですぐに乗れるようになれると思います。

なかなか子供が自転車に乗れないという人はぜひこの練習方法を試してみてくださいね。

自転車の乗り方のコツとは?

子供に自転車の乗り方を教えるときのコツは、最初から補助輪とペダルを外してしまう事。

もちろんこれは練習前から「補助輪つきの自転車ならガンガン乗れること」という事が前提になってきます。

スポンサードリンク

補助輪がついていれば乗れるという事は、こぐ力が養われているという事です。

そして、なぜペダルを外すかというと、自転車の練習をする前に、バランスを養うことがより早く乗れる近道だから。

ペダルを外してまずは足で自転車を進ませる練習をすると、自然とバランス感覚が養われ、ペダルを再びつけた時に漕ぎ出しやすくなります。

あとは、本人のやる気次第ですね。

教えるこちら側も、出来ないからと言って怒ったりしないでよくできていたらどんどん褒める、そう、ほめて伸ばすんです。

そして子供というのは飽きっぽく、長くできないと逆に嫌になってしまうものです。

なるべくなら短期集中で一気に乗れるようになることが理想です。

その為、自転車を練習するときにはあらかじめ時間をとって数時間くらいは練習できるような環境を作ってあげましょう。

自転車の乗り方で良い教え方とは?

子供の自転車の教え方というと、後ろの荷台を支えて進ませて、勢いが付いたら手を放して進ませるというイメージがありますよね。

でも、この練習方法はあまり良くないそうです。

今自転車の教え方でお勧めなのは、こちらは乗り方を教えるだけであまり手を出さない事。

最初から自分で練習することで出来た時の自信が付きますし、こちらも子供が今どのくらい上達しているかというのも見ることが出来ますよね。

もちろん、転ぶことは前提にヘルメットやサポーターなどがあった方が安心です。

◇まとめ

今、自転車に乗れるようになるのは大体4~5歳くらい、幼稚園や保育園で乗れてしまう子がほとんどですよね。

学校に行くようになった時に、自転車に乗れるとのれないとでは行動範囲が違ってきますし、お友達は乗れるのに自分は載れないとなると、一緒に遊びに行けなかったりとかなり不便な思いをさせてしまいます。

小さい子に自転車を教えることは大変ですが、逆に小さい方がのみこみが早くすぐに覚えてくれるでしょう。

親から自転車を促すのも良いですが、子供から「乗りたい!練習したい!」と言ってきたときが練習を始めるのにピッタリ。

時間や場所の確保は大変かもしれませんが、ぜひ子供の練習に付き合ってあげて自転車に乗れるようにしてあげてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ