日焼け止めで肌荒れしない選び方は?肌荒れの原因と治す方法は?

日焼け止め肌荒れしないための選び方のポイントはどんなところなのでしょうか。

日焼け止め肌荒れ

夏の強い日差しにかかせないのが日焼け止めですよね。

特に日差しが強い日には、何度も塗り直しをする必要も出てきます。

そんな日焼け止めを使用して逆に肌が荒れてしまった経験ってありませんか?

折角肌を守るために日焼け止めを塗ったのに逆に肌が荒れてしまうというのも嫌ですよね。

では、なぜ日焼け止めで肌が荒れてしまうのでしょうか?

そして、肌の荒れない日焼け止めというのはあるのでしょうか?

目次

  • 日焼け止めで肌荒れしない選び方のポイントとは?
  • 日焼け止めでの肌荒れの原因は?
  • 日焼け止めでの肌荒れを治すには?
スポンサードリンク

日焼け止めで肌荒れしない選び方のポイントとは?

日焼け止めを使って肌が荒れてしまったなんていう経験ありませんか?

しかも、必ず荒れるわけではなく、使っている日焼け止めによって状態が違ったりすることってありますよね。

日焼け止めによって

  • 肌荒れしたり
  • 肌荒れしなかったり

するということなんです。

では肌荒れしないためにはどんな日焼け止めがいいのでしょうか?

特にお肌が敏感肌の人は要注意なのですが、日焼け止めというのはお肌を紫外線から守る分お肌に負担をかけてしまっていることが多いのです。

そんな日焼け止めで肌荒れしないものを選ぶにはいくつかポイントがあります。

オーガニックの日焼け止めを選ぶ!

例えばオーガニックの日焼け止め。

お肌への負担が少なく、天然由来で添加物も入っていません。

強さが弱いものを選ぶ!

次に強さが弱いもの。

強いものほど紫外線からお肌を守りますが、その分お肌に負担をかけるので強ければいいというものではありません。

自分のお肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

このように、紫外線からお肌を守り、なおかつお肌に負担がなるべくかからないようなものを選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

日焼け止めでの肌荒れの原因は?

そもそもなぜ日焼け止めで肌荒れしてしまうのでしょうか?

自分の肌質によるものが原因!

一つ目は、自身の肌が弱かったり、敏感肌だったりすると肌荒れしてしまいます。

もともと日焼け止めは紫外線からお肌を守る分肌に負担をかけてしまっているのです。

その為、特に肌が弱い人や生活習慣やストレスが原因で肌の代謝機能が弱くなっている人は特に肌荒れを起こしやすいのです。

強いものを使用しているのが原因!

そして強すぎる日焼け止めを選ぶのもいけません。

日焼け止めにはレベルがあり、強いものはどうしても肌に負担がかかります。

個人差はありますが、だいたいSPF25~30くらい、PAも++か+++くらいのものを選ぶといいでしょう。

もちろん強い日差しに長時間さらされるほど日焼け止めは強いものがおすすめですので、自分の肌や日焼け止めと相談してその時によって最適なものを使用するようにしましょう。

日焼け止めでの肌荒れを治すには?

では、もしも日焼け止めで肌荒れを起こしてしまったらどうすればいいのでしょうか?

まず、日焼け止めでの肌荒れの代表的なものをあげると、

  • むくみ
  • 赤み
  • ヒリヒリとした痛み
  • かゆみ

などがあげられます。

なかなか日焼け止めが原因とは考えにくいですが、日焼け止めを使用してこのような症状が起こった場合には日焼け止めが原因だということを疑うようにしましょう。

ではもしもこのような症状が現れたらどうすればいいのでしょうか?

冷やして対策!

まず応急処置としては冷やすことが大切です。

炎症していることが原因となるのでまずは冷やすようにし、そのあとはドラッグストアなどで非ステロイドの薬を塗ってみましょう。

水分を多めに摂って対策!

さらに水分不足も悪化の原因となるので水分を多めにとるようにしましょう。

このようなことを行ってもどうしても改善されないという場合には速やかに皮膚科を受診することをお勧めします。

まとめ

日焼け止めというのは、紫外線から皮膚を守ってくれる一方、刺激が強く自身のお肌に負担がかかってしまうというデメリットもあります。

特に皮膚が弱いという人は日焼け止め選びに慎重になり、もしも日焼け止めで肌が荒れてしまったら適切に対処するようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ