日焼けの皮むけのケア方法は?皮むけの期間はどのくらい?

日焼けが剥けた時のケアにはどんな方法があるのでしょうか。また皮むけの期間や今後日焼けで皮がむけないようにするにはどんな方法があるのか確認してみましょう。

日焼けの皮

日差しの強い日に屋外に長時間出ていると日焼けをしますよね。

そして日焼けをしすぎると起こるのが皮膚の皮むけです。

一度皮がむけてしまうときになりますし、ついつい剥いてしまいますよね。

では、ここではそんな日焼けの際に気になる皮むけについて見ていきたいと思います。

    目次

  • 日焼けの皮むけをケアする方法は?
  • 日焼けをしてしまった場所の皮むけの期間はどのくらい?
  • 日焼けで皮がむけない方法ってあるの?
スポンサードリンク

日焼けの皮むけをケアする方法は?

日焼けをしたときに皮がむけてしまうとついついめくってしまいたくなりますよね。

ここで一番大切なのは無理に皮をむいてしまわないことです。

日焼けで皮がむけると、そのあとから新しい皮が出てきます。

しかし、皮がむけきっていないのに無理にむいてしまうと未完成な皮膚が出てきてしまい刺激に弱く痛みを伴うこともあります。

その為、もしも皮がむけてしまっても、まずは無理にむかないようにしましょう。

保湿をしてあげることが大切!

そして、皮がむけてしまっている場所というのは水分不足になっている場所でもあります。

その為、化粧水やワセリンなどでしっかりと保湿をしてあげることも大切ですよ。

日焼けをしてしまった場所の皮むけの期間はどのくらい?

日焼けをした後の皮むけ、とても気になりますよね。

しかし一度発生してしまうとなかなか収まらないものでもあります。

では、日焼けをしたときの皮むけの期間というのはどのくらいなのでしょうか。

もちろん、症状や人によって差は出てきます。

でも、だいたい日焼けをしてから3~4日後くらいから発生します。

そして、完全にむけ終わるまでには1~2週間ほどかかってしまいます。

この間には皮がむけていても無理にはがしたりせずになるべくそのままにしておきます。

その時に、少しでも早く収まるように化粧水などで保湿をしておくことも大切です。

どうして皮むけの部分が気になるという人は、ワセリンを塗っておけば保湿効果だけではなくむけている場所が目立たなくさせる効果も期待できますよ。

スポンサードリンク

日焼けで皮がむけない方法ってあるの?

日焼けをしてしまってもなるべく皮はむけないようにしたいですよね。

そんな方法ってあるのでしょうか?

まず、日焼けで皮がむけないようにするために大切なのは、日焼け自体をしないようにすることです。

日焼けしない対策!

皮がむけるのは日焼けが原因ですから、日焼けをしないように日焼け止めクリームなどを活用したり、帽子や長袖を着るなどして日焼け自体を防ぐ方法があります。

保湿対策!

そして、もう一つの方法が保湿をすること。

日焼けをした後に大切なのは、日焼けした部分を冷やすこと、そしてもう一つが保湿です。

乾燥をしてしまうとどうしても皮ははがれやすくなってしまいます。

それだけではなく、肌の状態も悪くなってしまいます。

それを少しでも防ぐために、化粧水などで保湿対策をすることをお勧めします。

しっかりと保湿をしておくことで、皮が汚くはがれないだけではなく、皮がむけたことによる肌のムラも普通よりも早く治るようになりますよ。

まとめ

日焼けをしすぎてしまうとどうしても皮がむけてしまいますよね。

もちろん皮がむけないするためには日焼けをしないことが第一ですがどうしても焼けてしまったというときには、きちんと対処することで最小限に抑えることができます。

それは、きちんと日焼け後を冷やして、しっかりと保湿をすることです。

きちんと対処することで、少しでも早く日焼けによる皮むけを抑え、ムリにめくったりして跡が残らないように、そしてきれいに治るようにしたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ