日焼け止めの使用期限は?未開封でも期間を過ぎたら効果なし?

夏になると紫外線から体を守るために日焼け止めは必需品ですよね。

そんな日焼け止めをワンシーズンで使いきれていますか?

日焼け止め

結構残ってしまったものが翌シーズンに持ち越してあるなんて言う人も少なくないのではないでしょうか?

日焼け止めは結構お値段が高いものもあり、シーズンで使いきれなかったからと言って捨てるのももったいないですよね。

でも、1年もそのままにしておいた日焼け止め、果たして使えるのでしょうか?

そもそも日焼け止めに使用期限ってあるんでしょうか?

    目次

  • 日焼け止めの使用期限はどのくらい?
  • 日焼け止めは未開封の場合なら長持ちする?
  • 日焼け止めは期限を過ぎたら効果がない?
スポンサードリンク

日焼け止めの使用期限はどのくらい?

日焼け止め、生ものではないし、化粧品のように1年を通して使うものではないので、使用期限なんてあまり意識していない問う人が多いと思います。

しかし、日焼け止めにも一応使用期限というものがあります。

折角なのでおおよそですが、日焼け止めの使用期限をタイプによって見ていきたいと思います。

乳液やジェルタイプの場合

まず、乳液やジェルタイプの日焼け止め。

こちらはいろいろなメーカーのものがありますが、ほぼ同じで、未開封のもので3年、開封したら1年以内という風になっているようです。

エアゾールタイプの場合

次にエアゾールタイプのもの。

こちらは未開封のものでも開封したものでも同じで製造日から3年間となっています。

ただしこちらは正しく保管することが前提の使用期限となるので注意しましょう。

そして最後の無添加のものですが、こちらはやはり防腐剤や殺菌剤が含まれていないので、使用期限が短くなります。

確認するとほとんどのものは使用期限がわかるようになっているので、購入したら使う前に確認しておくといいですよ。

日焼け止めは未開封の場合なら長持ちする?

どんなものでも開封したら使用期限にかかわらずなるべく早く使い切るというのがお約束ですよね。

では、未開封のものというのはどうなのでしょうか。

先ほども書きましたが、日焼け止めの使用期限はタイプによって違ってきます。

確かに乳液・ジェルタイプのものであれば、未開封であれば3年ほど持ちます。

ただし、エアゾールタイプのものに関しては、未開封でも開封でも同じで3年というものがほとんど。

ちょっと不思議ですよね。

最近お肌に良いなどといって人気のある無添加の日焼け止め。

無添加なのでお値段もほかのものと比べるとちょっとお高めなので残っても捨てたくないですよね。

そんな無添加の日焼け止めは、たとえ未開封でも1年ほどしか持たないので注意しましょうね。

スポンサードリンク

日焼け止めは期限を過ぎたら効果がない?

日焼け止め、特に食品というわけではないので、ちょっと期限が過ぎてしまっても使いたくなりますよね。

特に高価なものやお気に入りのものになるとその気持ちは高まると思います。

ただ、ここで考えてほしいのがなぜ使用期限を設けているかというかということです。

食品であれば、消費期限・賞味期限を過ぎたものを口にするとお腹を壊すなどの危険がありますよね。

では、日焼け止めは食品ではないから大丈夫なのでしょうか?

そんなことはありません。

使用期限を過ぎてから使用すると危険だからこそ期限を設けているのです。

効果がなくなる!

ではどのようなことが起こるかというと、まず第一に日焼け止めの効果が期待できなくなってしまいます。

これではつけても付けなくても意味がありませんよね。

肌荒れなどの原因になる!

それだけならまだいいのですが、肌の状態によっては肌荒れなどの原因ともなってしまうので注意が必要です。

もちろん使用期限が過ぎていなくても、見た目に明らかにおかしいもの(臭いが変・分離している)などの異常を感じるようであれば速やかに使用を中止するようにしましょう。

基本的には使用期限はきちんと守るということが大前提になりますよ。

まとめ

日焼け止め、ついつい去年の残ったものを使いたくなりますが、日焼け止めにも使用期限が設けられています。

出来れば新しいものを購入することが望ましいですが、もしも使う場合には使用期限や状態をきちんと確認したうえで使用するようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ