紫外線吸収剤とはどんな成分?吸収剤不使用の日焼け止めとは?

紫外線吸収剤とはどんなものなのでしょうか。

紫外線吸収剤

温かくなり日差しが強くなってくると気になるのが紫外線ですよね。

紫外線からお肌を防ぐために日焼け止めを使用するという人も多いと思います。

日焼け止めの中には紫外線吸収剤というものが含まれているものがあります。

紫外線吸収剤と聞くと、紫外線を吸収してくれるのでよいものなのではと思う人もいるかもしれません。

では、そんな日焼け止めに含まれる成分である紫外線吸収剤とはどのようなものなのでしょうか?

    目次

  • 紫外線吸収剤とは?
  • 紫外線吸収剤の成分とは?
  • 紫外線吸収剤不使用の日焼け止めとは?
スポンサードリンク

紫外線吸収剤とは?

紫外線吸収剤とは、そもそもどのようなものなのでしょうか?

これは、日焼け止めに含まれる成分の一つで、紫外線を吸収することでお肌への紫外線を減らす効果があるものです。

紫外線吸収剤はお肌への刺激がつよく、特に敏感肌やお肌が弱い人などが使用をすると、逆に肌が荒れてしまうということもあるようですね。

もちろんすべてではありませんが、中には発がん性の可能性があるなんていう話も聞きます。

逆にお肌に優しく出来ている紫外線吸収剤もあります。

市販されている日焼け止めにはたくさんの種類がありますし、含まれている成分も様々です。

肌に優しい紫外線吸収剤もあるので成分を確認しましょう!

特にお肌が敏感な人の場合には、購入する前にきちんと含まれている成分などをしっかりと確認したほうがいいかもしれません。

紫外線吸収剤の成分とは?

紫外線吸収剤には、紫外線を吸収し肌を紫外線から守る効果が期待できます。

肌が弱い人は注意!

しかし、逆にお肌への刺激が強く、人によっては逆にお肌が荒れてしまう人もいるようです。

紫外線吸収剤の中に含まれる成分の中には、フェノール系化合物やフェノールに類似するベンゼン系化合物などがあります。

実はこれ、発がん性などの毒性があるのです。

その為、特に皮膚が弱いという人にはあまりお勧めできないというものになります。

ただすべての紫外線吸収剤にこのようなものが含まれているというわけではありません。

最近の紫外線吸収剤の中には、お肌に刺激の弱いものも出ているようです。

紫外線吸収剤の効果は必要、でもあまり刺激が強いものは使いたくないという人は、その日焼け止めにどのようなものが使用されているのか、他にもその日焼け止めの効果などもよく確認するといいと思いますよ。

スポンサードリンク

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めとは?

どうしてもお肌が弱かったり敏感肌、そして赤ちゃんなどもともとお肌が弱いという人には、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを選んでみてはいかがでしょうか。

紫外線拡散剤を使用した日焼け止め

例えば、紫外線拡散剤の使用された日焼け止めを選ぶというのも一つの方法です。

こちらは紫外線吸収剤のように紫外線を化学変化で処理するわけではないので無理な力がかかりません。

しかし、どうしても白色顔料である二酸化チタンや酸化亜鉛を使用しているので史郎記してしまうというデメリットもあります。

天然由来成分のみを使った日焼け止め

そして、おすすめなのが、天然由来成分のみを使った日焼け止めです。

こちらならお肌への負担もかかりませんし、特に赤ちゃんに使用するものならこちらがおすすめです。

ただ、どうしても天然由来成分を使って安全という反面、値段がお高いものが多いというのがデメリットでしょうか?

まとめ

日焼け止めにはいろいろな有効成分が使われているものがあります。

その中で特に効果の高いものには紫外線吸収剤が使われているものが多くあります。

ただ、紫外線吸収剤は紫外線を防ぐ効果が高い分お肌への負担も大きく、中には発がん性の可能性があるものもあります。

しかし最近のものではより安全の紫外線吸収剤を使った日焼け止めも発売されています。

特にお肌が敏感という人は、良く使用されている成分をや効果・注意点などを見てから日焼け止めを選ぶことをお勧めします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ