紫外線の目への影響は悪いもの?痛いとき充血のときの対策は?

紫外線に与える影響とはどんなものでしょうか?

紫外線の目への影響

暑い季節になってくると気になってくるのが紫外線ですよね。

紫外線というのは浴びすぎるとお肌に悪影響を与えてしまうものです。

紫外線対策、していますか?

紫外線といえば、やはり日焼け止めなどで対策をするものですが、紫外線はお肌だけではなく目にも悪影響を与えてしまうものなのです。

  • 紫外外線を受けて目が痛いときはどんな対策をしたらいいのか?
  • 紫外外線で充血したときはどんな対策をしたらいいのか?

ここでは紫外線が目に与える影響と対策について見ていきましょう。

スポンサードリンク

紫外線が目に与える影響は悪いもの?

まず、目というものは、入ってくる光を感知して、脳に送るという大切な役割をはたしています。

実は目は体の臓器の中で唯一外気にさらされているところになるので、ダメージを受けやすい部分でもあるのです。

そんな目が紫外線を受けるとどのような影響を受けるのでしょうか。

紫外線は目に悪い影響をあたえる!

実は目から受けた光、そして紫外線の80%は角膜で吸収され、さらに角膜を通過してしまった紫外線のほとんどが水晶体で吸収されるようにできています。

しかしそれは完全ではなく、残りの1~2%の紫外線は実は目の奥の角膜まで到達してしまうのです。

その紫外線の影響で急性の紫外線角膜炎や慢性の翼状片、白内障の心配が出てきます。

つまり、紫外線が目に与える影響は、悪影響のものだということがわかると思います。

紫外線を受けて目が痛いと感じたら?

光を受けて目が痛くなるという経験ありませんか?

これって結構つらいものですよね。

そんな時にはいくつかの対処法があるので紹介したいと思います。

紫外線で目が痛いときは冷やす!

まずは目を冷やすということ。

実は目もお肌と同じように紫外線によって日焼けをするんです。

つまり、目も炎症を起こしているということになります。

日焼けがひどいとよく冷やして症状を抑えたりしますよね。

スポンサードリンク

目も同じで冷やしてあげることで炎症を抑える効果が期待でき、痛みを抑えることができるのです。

紫外線で目が痛いときは目薬で対策!

次に、目薬を使用することです。

実は目薬には紫外線用の目薬というものがあるんです。

ただ、目薬は使いすぎると目の老化を進めてしまうので、最終手段としてあまり使わないことをお勧めします。

紫外線で目が痛いときは休める!

最後に、とにかく休むことです。

目もそうですが、身体自体を休めることで目の痛みも抑えることができますよ。

紫外線を受けて目が充血したら?

紫外線を受けて目が充血することがあります。

あまり気にしない人は、なぜ目が充血しているのかわからないという人もいるかもしれません。

実は紫外線を浴びすぎると目が充血してしまうこともあるのです。

紫外線で目が充血したときの対策!

これも紫外線によって目が炎症を起こしている証拠です。

この場合にも、目は炎症を起こしているので熱を下げるために冷やすことが大切です。

もちろん同じく目薬を使用するという方法もあります。

ただ、長時間紫外線の下にいるということがわかっている場合にはきちんと目も紫外線対策をしておくことが大切です。

例えば、UVカットのサングラスをかけたり、帽子をかぶったり、日傘をさすなどの方法があります。

まとめ

どうでしたか?

目というのは、身体の部分の中でも特に重要なもので、他に変えることのできない部分でもあります。

臓器の中でも外に露出している部分でもあるので、とても繊細なところでもあるのです。

そんな目は、お肌以上に紫外線の影響を受けやすく、場合によっては取り返しのつかない疾患につながることにもなりかねません。

紫外線が強いときには、もちろんお肌への対策も大切ですが、それ以上に目の対策も大切だということを忘れないでください。

サングラスをかける、日よけをするなど対策はいろいろと考えられると思います。

そしてもしも影響を受けてしまったら、すぐに目を冷やすなどの対策も必要になってきます。

目を紫外線から守るためにしっかりと対策をすることが大切なのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ