入学祝いの相場は?大学と高校と小学校の場合それぞれいくら?

入学祝い相場金額は大学生と高校生と小学校の場合でそれぞれいくらなのでしょうか?

入学祝い相場

親戚などが入学をするとなると必要になってくるのが「入学祝い」です。

しかし、ここで気になるのが「入学祝い、どのくらい包んだらいいの?」ということではないでしょうか?

入学祝いの相場ってあまり聞いたことがありませんよね。

しかも入学と一言に行っても、小学校・中学校・高校・大学とあります。

ではここではそんな気になる入学祝いの相場について見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

入学祝いの相場は大学の場合いくら?

入学祝いってどのくらい包んだらいいのかよくわからないですよね。

相場なんて言うものはあるのかといろいろと調べてみたのですが、はっきり言うと「相場はない」といえるんです。

    ある程度決まっていても、

  • 家庭や親戚間
  • 贈るのが甥や姪なのか孫なのか
  • でも違ってくるようですね!

もしも相手が孫なら、孫の可愛さについつい多めに出したり、新生活を始めたりするのであればその費用を負担するなんて言うケースもあるようです。

逆に甥や姪の場合には、一番いいのはもしも自分の子に入学祝いをいただいている場合にはその金額と同じ金額にするということです。

もしもいただいていない場合には、他の親戚の方と話して同じ金額に合わせるというのも方法かもしれませんね。

それでもどうしても悩んでしまうという場合には、大学入学なら30.000円ほどが相場ですよ。

ちょっとお高いのではと思うかもしれませんが、大学入学の場合には合格祝いも兼ねているので跳ね上がってしまうようです。

入学祝いの相場は高校の場合いくら?

先ほども話しましたが、入学祝いの相場というのは特に決まっていません。

スポンサードリンク

それは高校でも同じことが言えるでしょう。

  • やはりいただいたことがあるのであれば同額
  • なければ他の親戚の方と相談して金額を決める
  • ということがおすすめです。

そのようなことがないのであれば、高校入学の場合にはだいたい10.000~20.000円程度が相場になってくるようです。

この金額の差は、考え方の差のようです。

入学祝いの金額の考え方として「小学校から大学まですべて同額で10.000円程度」というものと「高校・大学は入試に合格して入学するため、合格祝いも兼ねる」という考え方があるようです。

  • もしも金額を同額にするのであれば10.000円程度。
  • 合格祝いを兼ねるというのであれば20.000程度。

が相場になってくるようです。

どうしても金額で悩んでしまうということであれば、周りの人に相談するというのも一つの方法かもしれませんね。

入学祝の相場は小学校の場合いくら?

小学校の入学といえば、初めての入学となりますよね。

ほとんどのお子さんは入試などもなく地元の小学校に入学するのではないでしょうか?

そうなると、だいたい相場は10.000くらいが無難です。

もちろん中には有名な小学校に入試を受けて入学するというお子さんもいるでしょう。

その場合には、周りの方と相談して決めるほうがいいかもしれません。

ただ、それはどちらかというと特殊なケースとなります。

あまり気にせずに10.000円くらいを包むのがいいようですよ。

まとめ

親戚やお孫さんなどの入学はとてもおめでたいものですよね。

特に高校や大学の場合には、頑張って入試を受けて合格を勝ち取ったうえでの入学がほとんどです。

そんなお孫さんや甥や姪への入学祝い。

なかなか金額に迷うこともあると思います。

そんな時には、ぜひこちらを参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ