花粉症は咳が出るとき風邪と違いある?止まらないとき対策は?

花粉症の咳

花粉症が出るときの咳は風邪と違いがあるのでしょうか。

花粉症の症状として多いのがくしゃみや鼻水、目のかゆみなどですが、花粉症の症状は実はそれだけではないんです。

花粉症の時期、やたら咳が止まらないという人、いませんか?

風邪かなと思っていると、実は花粉症が原因かもしれませんよ。

  • 花粉症の咳と風邪の咳の違いは?
  • 咳が止まらないときはどのような対策は?
  • 花粉症で咳がひどい場合には何科の病院を受診したらいいのか?

など今回は花粉症による咳についていろいろとみていきたいと思います。

スポンサードリンク

花粉症で咳が出るときの風邪との違いとは?

花粉症と風邪の咳、同じように見えるので区別がつきにくいと思いがちですが、意外と違いがあるんです。

ポイントを押さえて風邪なのか花粉症なのかきちんと見極めるようにしましょう。

花粉症と風邪は「のどの症状」が違う!

一番の違いが出るのがのどの症状です。

咳が出る原因はのどですが、実は花粉症と風邪はのどの症状が違ってくるのです。

風邪が原因での席の場合は「のどの痛み」がありますよね。

しかし、花粉症が原因の場合は「のどがかゆい」というものがほとんどです。

花粉症と風邪のその他の違い!

他にも、咳の症状だけではなく別の症状を比べるのもいいと思いますよ。

  • 花粉症の場合は熱は出ませんし、花粉症独特の目のかゆみがあります。
  • さらに、鼻水は無色でさらさらしたものになります。

これらをきちんと見比べれば、その咳が花粉症なのか風邪なのかわかってくると思いますよ。

花粉症で咳が止まらないときはどのような対策を取ればいいの?

では、花粉症が原因で咳が止まらなくなったらどうすればいいのでしょうか?

スポンサードリンク

咳を止めるためには、花粉をブロックすることも大切ですが、他の咳と同じようにのどのケアも大切になってきます。

加湿で乾燥対策!

まずは加湿です。

花粉症が原因の咳でも、実は鼻づまりによる口呼吸でのどが乾燥してしまっていることが原因になるときもあります。

そうなるとやはりのどをしっかりと潤すことが大切になってきます。

加湿のほかにも水分補給やのど飴をなめるのも有効です。

マスクで乾燥対策!

さらに、花粉症の時期になるとマスクが欠かせないという人も多いと思います。

そのマスクがいろいろな効果を発揮してくれます。

花粉をブロックしてくれるのはもちろんですが、マスクをすることでのどの乾燥を防いでくれるのです。

このように、花粉症での咳の場合でも、他の咳と同じような対策が有効になります。

花粉症で咳がひどい場合には何科の病院を受診したらいいの?

花粉症が原因とはわかっていても、どうしても咳がひどくてどうにもならないということがありますよね。

そんな時には無理をせずに専門医を受診するといいでしょう。

花粉症で咳は何科の病院を受診?

ただ、普通の咳であれば内科を受診すればいいのですが、花粉症が原因の場合、何科の病院を受診したらいいのか困ってしまいますよね。

はっきり言って花粉症になった場合、花粉症専門の科というのはありません。

その場合には「耳鼻咽喉科」「耳鼻科」「眼科」などを受診してみましょう。

もちろん咳がひどい場合には、内科を受診してもきちんと見てくれます。

つまり、花粉症かどうかというよりも、自分の症状が一番ひどくて気になる部分を見てくれる科を受診すると一番良いということです。

まとめ

花粉症になると、人によっていろいろな症状が現れますよね。

その症状に合った対策をするようにしましょう。

もちろんどうしてもつらいという場合には、無理をせずにその症状に合った専門医を受診するといいですよ。

花粉症の人にはつらい時期になりますが、しっかりと対策を取って乗り切りましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ