夏バテの食事で食べやすいもの!あっさり・さっぱり・辛い物

夏バテの食事

夏になるとついつい夏バテしてしまい何も食べたくなくなってしまう事っていありますよね。

でも、食べたくないからと言って何も食べなければ、さらに夏バテが悪化してしまいます。

もし夏バテをしてしまった場合、どのようなものが食べやすいのでしょうか?

そんな夏バテ時の食事食べやすいおすすめの「あっさりしたもの」「さっぱりしたもの」「辛いもの」のメニューを紹介します。

スポンサードリンク

夏バテをしてしまった時に食べやすいあっさりメニューの食事

夏バテをしてしまった時にお勧めしたいあっさりメニューといえばやっぱりお豆腐。

夏バテのあっさり食事メニュー
お豆腐は口当たりもやわらかく、味もあっさりしているので食欲がない時でも食べやすいのではないでしょうか。

そしてあっさりしているにもかかわらずお豆腐は知ってのとおり栄養満点。

消化吸収を助ける働きもあるので、栄養補給だけでなく夏バテで疲れた胃をサポートしてくれるのでまさに夏バテにピッタリ。

さっぱり食べるのであればそのまま冷奴で食べるというのも良いですが、少しずつ食欲が出てきたらいろいろなアレンジ料理にも挑戦してみましょう。

夏バテをしてしまった時にさっぱりとして食べやすい食事

夏バテをしてしまった時にさっぱりしたものを食べたいという人にお勧めなのがオクラ料理。

夏バテのさっぱり食事メニュー
ネバネバしたものには栄養が沢山含まれていると言いますが、その代表格がオクラ・納豆・山芋ではないでしょうか。

特にオクラは夏のお野菜。

ちょうど旬なので特に栄養満点で身体にも良いです。

オクラはそのままでも加熱をしても食べられますが、せっかくならそのままで食べてみましょう。

さらさらと食べられるものならやはりお勧めはネバネバ丼。

オクラのほかにもトマトやキュウリ、ナスなどの夏野菜をたっぷりと刻んで混ぜるだけ。

ご飯にのせてもいいですし、ご飯が重いという人にはそうめんや冷奴に乗せてもさらさらと食べることが出来ます。

スポンサードリンク

ネバネバの成分は胃にも良いので夏バテで胃が弱っている人にはお勧めなのでぜひ試してくださいね。

夏バテしてしまった時に辛いメニューの食事

夏バテをしてしまい食欲不振になった時によく辛いものは食欲増進に効果があると言いますよね。

夏バテに辛い食事メニュー

確かにスパイスを使った料理(カレーなど)は夏バテ予防に良いというイメージがあります。

でも実は辛いものは夏バテした身体にはあまり良くないんです!

夏バテに辛い食事はダメ

辛いものを食べると、発汗作用でたくさんの汗をかきますよね。

その時に身体から水分を奪ってしまい、さらに夏バテをしてしまうという事になる可能性があるんです。

さらに辛いものというのは、夏バテして弱っている胃にも刺激を与えてしまい、逆に胃もたれや食欲不振を起こしてしまいます。

夏バテ防止のためにムリをして辛いものを食べるのであれば、他にも夏バテに効果的な食べ物はたくさんあります。

例えば豚肉や夏野菜などです。

スパイスを使った料理を食べるのであれば、スパイスの中には辛くないものもあるので、そちらを使用することをお勧めします。

◇まとめ

夏バテをしてしまうと、何も食べたくなくなってしまう人も多いと思います。

そんな人は、まずは無理をせず口にできるものから少しずつ食べて行き、食べられるようになってから栄養の高いものを意識して食べるようにするとよいでしょう。

特におすすめなのは夏野菜。

旬の食べ物は栄養満点。

特に夏野菜は日の光をたっぷり浴びて栄養を蓄えています。

さっぱりと食べるのであれば、夏野菜をふんだんに使ったサラダなどはいかがでしょうか?

野菜は加熱をするよりも生のままで食べた方が本来の栄養を失わずにそのまま摂取することが出来るのでお勧めです。

皆さんも夏バテにかかってしまった場合には口当たりの良いものからしっかり食べるようにして暑い夏を元気に乗り切りましょうね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ