バレンタインにお菓子を渡す時の意味は?手作りが簡単なのは?

バレンタインのお菓子

バレンタインの定番といえばやはりチョコレートですがバレンタインお菓子をチョコレートの代わりにあげたいと思っているけど何か特別な意味があるかと気になる女性もいると思います。

最近ではバレンタインの特設コーナーなどを除いてみてもチョコレートだけではなくいろいろなお菓子が売られています。

しかしバレンタインにチョコレート以外のものを贈るときには意外と意味があったりすることもあります。

むやみにお菓子などをあげるのはちょっと考えた方がいいかもしれませんよ。

実はバレンタインにお菓子を本命の彼氏に渡すときに注意が必要ですが友達や義理チョコであればおすすめ!

ここではバレンタインに手作りできるお菓子の簡単ランキングも紹介していきます。

スポンサードリンク

バレンタインにお菓子をあげる意味とは?

バレンタインといえばチョコレートですが、最近ではクッキーやマシュマロなどを用意するという人も少なくないようです。

中には甘いものが苦手という人のために、甘くないものを用意するという人も。

しかし、義理で渡すのであればいいのですが、本命にチョコレート以外のお菓子を渡す時にはちょっと注意したほうがいいかもしれません。

クッキーをバレンタインにあげる意味!

例えばクッキー。

クッキーはチョコレートよりも扱いやすく、そして作りやすいというのが利点ですよね。

デコレーションなどもしやすいので、チョコレートよりあげやすいもの。

ただ、日本にはあまり浸透していませんが、外国ではクッキーをバレンタインにあげるということは「仲の良い友達でいよう」という意味があるとか。

クッキーはいっぺんにたくさん作りやすく、多くの人に配りやすいですよね。

その為、クッキーは友チョコや義理チョコなどに渡すことをお勧めします!!

バレンタインにあげるお菓子で手作りするなら何がいい?

最近のバレンタインはチョコレートだけではなく様々なものをプレゼントしているようですね。

では、バレンタインのお菓子を手作りする場合のおすすめのものをいくつか紹介したいと思います。

クッキー

スポンサードリンク

まず、チョコレートの次に定番ともいえるのがクッキー。

バレンタインならココアパウダーを混ぜたココアクッキーがおすすめ。

さらにおしゃれにしたいのであれば、アイシングクッキーなどはいかがでしょうか。

見た目もポップで楽しくなりますよ。

チョコスコーン・ブラウニー

他には、義理チョコとしてたくさん作るのであれば、チョコスコーンやブラウニーなどもお勧めですよ。

意外とどれも簡単に作ることができますし、個包装にして配れば喜ばれることも間違いなしです。

どうしてもチョコレートになりがちですが、意外とチョコレートは扱いにくいもの。

沢山手作りするならチョコレートの焼き菓子などがおすすめですよ。

バレンタインの手作りお菓子簡単ランキング!

バレンタイン、手作りでお菓子を作ってみんなに配りたいけど、何が喜ばれるのかちょっと悩んでしまいますよね。

そんな時におすすめな手作りランキングを紹介します。

バレンタインのお菓子が簡単に作れる手作りランキング!

  1. チョコレートブラウニー

    チョコレートブラウニーはガトーショコラと同じチョコレートケーキの一つ。

    平たく正方形に焼いたものを好きな大きさにカットでき、ラッピングがしやすくさらに日持ちがするのでお勧めですよ。

  2. ガトーショコラ

    ガトーショコラはいわゆるチョコレートケーキですよね。

    ケーキというだけで手間をかけて高級感を感じられる割にはガトーショコラは少ない材料で簡単に作れるのがポイント。

    作った後は適当なサイズにカットして包装して渡すといいですよ。

  3. チョコレートクッキー

    やはりクッキーは定番ですよね。

    型抜きすればたくさん作れるので配りやすいですし、型抜きやできた後にデコレーションするだけで華やかに見えるのでお勧めです。

義理チョコを購入すると結構お金がかかるもの。

高級感かつ愛を込めた手作りチョコ、お金もかからずしかも見た目よりも簡単に作ることができるのでいいですよ。

まとめ

今やバレンタインはチョコレートだけにこだわる必要はありません。

ただ、あげる人によっては勘違いされてしまうので注意が必要です。

義理チョコの場合には、市販のものを買うよりも手作りの方が手間がかからずお安くできるので、ぜひ焼き菓子を作ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ