義理チョコの意味って何?予算やおすすめの選び方とは?

義理チョコ

義理チョコ意味ってそもそも何でしょうか。

バレンタインデーというと、普段女性からなかなか告白しにくい人は、1年に一度の告白デーという感じでしょうか?

もちろん彼がいる人にはプレゼントを添えてチョコレートなどを渡すという人も多いと思います。

しかし、バレンタインデーはそれだけではありませんよね。

本命の彼ではない人にあげる「義理チョコ」や、仲の良い友達同士であげあう「友チョコ」なども浸透しつつありますよね!!

ではここではその中でも義理チョコにテーマを絞っていろいろとみてみましょう。

スポンサードリンク

義理チョコの意味ってそもそも何?

特に会社などだと、バレンタインデーの日になると職場の男性にチョコレートを配るという人も多いと思います。

それが義理チョコです。

義理チョコは日本独自の習慣!

ではそもそも義理チョコの意味とはどんなものなのでしょうか。

そもそも義理チョコというのは日本独自の習慣だということを知っていますか?

つまり、ほかの国にはないものなのです。

日本に義理チョコが広まった理由とは?

ではなぜ日本で義理チョコが広まったのでしょうか?

もともとバレンタインデーは本命の彼にチョコをプレゼントするものです。

しかし、どうしてもチョコがもらえないという人もいますよね。

それをかわいそうだと思った女性が他の人にもチョコを配るようになったのが義理チョコの始まりだと思います。

つまり、義理チョコというのは、友チョコと同じで普段お世話になっている人への感謝の気持ちなのではないでしょうか?

義理チョコの予算はいくらくらい?

本命の彼へのチョコレートはやはり奮発したり、頑張って手作りしたりという人が多いと思います。

しかし、義理チョコともなると、やはり配る人も多いので、なるべく安くたくさん用意できるものがいいですよね。

では、義理チョコの予算の平均というのはだいたいどのくらいなのでしょうか?

人にもよりますが、やはり渡す人が多いということで低予算に設定している人が多いようです。

全体的に見て一番多いのが500円前後というところでしょうか。

もちろんそれ以上かけるという人もいるようですが、それは配る人数によって違ってくるのだと思いますよ。

義理チョコのおすすめとは?選び方は?

義理チョコといっても人によって選ぶものは様々ですよね。

義理チョコの予算というとだいたい500円前後というところですが、その予算以内で選べるものも幅広いものです。

例えば、値段以上にお得感があり、いろいろと楽しめるものや、逆に個数は少なくてもブランドチョコなどを選ぶという人も。

スポンサードリンク

どちらかといえば、やはり義理チョコなので無駄に大きいものを選ぶよりもコンパクトで高級感のあるものを選ぶことをお勧めします。

ゴディバはいかかが?

高級なチョコレートの代名詞ともいえるゴディバでも500円以内で購入できるチョコレートもたくさんあります。

今年は義理チョコも思い切ってゴディバを送って相手を驚かせてみてはいかがですか?

まとめ

どうでしたか?

毎年会社や学校などで本命の彼以外にも義理チョコを配るという人も少なくないと思います。

もちろん義理チョコだからといって手を抜いてはいけませんよね。

ただ、あまり気合を入れすぎると逆に相手が困ってしまうこともあるので注意が必要です。

だいたい500円前後くらいのもので、コンパクトで簡単に配ることができるものがいいでしょう。

もちろん低予算でもブランドチョコを選ぶことができるので、そういうものを選ぶのもお勧めですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ