二日酔い予防に寝る前や飲んだ後や飲む前にできる対策法は?

二日酔い予防

二日酔い予防に効果的な対策方法にはどんなものがあるのでしょうか?

飲み会などで気の合う仲間たちと飲むお酒は本当にいいものですよね。

しかし、楽しく飲んだ後に待っているのが翌日の二日酔いです。

特に翌日が平日で仕事があったりすると、二日酔いを懸念してどうしても飲む量をセーブしてしまったりします。

でもそうなるとやはりせっかくの飲み会の楽しさも半減してしまいますよね。

そういう時には事前に二日酔いの予防をしてみてはいかがでしょうか?

楽しい飲み会を二日酔いのためにセーブしてしまうことを考える前に、

  • 飲む前や飲んだ後
  • 寝る前

にしっかりと予防をして二日酔いしないようにする方法を考えてみましょう。

スポンサードリンク

二日酔い予防で寝る前にできる対策方法とは?

二日酔いというのは、お酒を飲んで眠り翌日目が覚めたらなっていた!というパターンが一番多いですよね。

ではそうならないために寝る前にできる予防方法というものはあるのでしょうか?

飲んだ後というのは気持ちがよく、家に帰ったらすぐにでも寝てしまいたいと思ってしまいますよね。

しかしそうすると待っているのが翌日の二日酔いです。

寝る前の二日酔い対策

ちょっとつらくても、翌日のためにしっかりと寝る前に二日酔い対策をしておきましょう。

まず、寝る前にすでに頭痛や吐き気を伴う場合には、我慢をせずに吐いてしまうといいでしょう。

そうすることで胃などの負担が軽減され二日酔いが抑えられます。

さらに、心配されるのが脱水症状です。

寝る前にはスポーツドリンクなどの水分を摂取しておくことが大切になってきます。

二日酔い予防で飲んだ後にできる効果的な方法とは?

二日酔いの予防は飲んだ後にも行うことができます。

スポンサードリンク

まずは気持ち悪くなったら無理をせずに吐くことも必要です。

吐くことは決して悪くはなく、逆に胃が空となり消化の負担が軽くなるのです。

そしてアルコール摂取をすると起こりやすいのが脱水症状。

その為、飲んだ後は水分補給が大切です。

さらに、アルコールを分解する助けとなるものをあらかじめ食べておくこともいいでしょう。

特にみかんやグレープフルーツなどのかんきつ類や、はちみつ、カキなどにもアルコール分解を助ける成分が含まれています。

柑橘類ならそのまま食べずにフレッシュジュースなどを飲むと水分補給にもなりまさに一石二鳥でお勧めですよ。

二日酔い予防で飲む前に出来ることとは?

お酒を飲む前に考えたいのはやはり二日酔いにならないような予防方法ですよね。

お酒が好きな人なら二日酔いにならないための方法をいくつか知っているという人も多いと思います。

二日酔いにならないために事前に行っておくと一番いいのは、空腹でお酒を飲まないということです。

二日酔いにならないために、お酒を飲む前に軽く何か口にしたり、飲んだりしておくといいでしょう。

例えば、お酒を飲む前にサラダを食べたりおにぎりを1つ食べておくなどするといいでしょう。

最近ではオリーブオイルをスプーン1杯口にしておくといいということも言われます。

ただ、脂肪分を取りたくないという場合には、事前に緑茶を飲んでおくといいでしょう。

もちろん二日酔いを防ぐための市販薬を事前に服用したり、専用のドリンクを飲んでおくのもいいと思いますよ。

まとめ

どうでしたか?

せっかく飲むお酒ならおいしく楽しく飲みたいですよね。

二日酔いを気にしてお酒を飲んでいたらせっかくの楽しい場も半減してしまいます。

その為には、お酒を楽しく飲みつつ二日酔いにならないように予防をするというのが一番おすすめな方法です。

特にお酒を飲む機会が多いときにはしっかりと予防をして翌日に残らないようにしたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ