成人式のお祝い相場はいくらでいつ渡す?渡し方は祝儀袋で?

成人式お祝い

成人式お祝い相場はいくらなのか気になるところですよね。

成人式を迎える人にお祝いを込めてご祝儀を贈る場合、

  • どのくらい贈ればいいのか?
  • いつ渡せばいいのか?
  • 渡し方はどうしたらいいのか?

など困ってしまう場面が多々あります。

今回は成人式のお祝いについてをまとめて見てみましょう。

スポンサードリンク

成人式のお祝い相場はいくら?

成人式のお祝いを贈る場合、まず気になるのがその金額の相場ですよね。

これは贈る方との関係によって変わってきます。

以下はおおよそとなりますが、参考にしてみてください

お祝いの金額の相場
・親       1~3万円
・祖父母     5~10万円
・兄弟・姉妹   1~2万円
・親戚      1~3万円
・友人・知人   5千円~1万円

祖父母の場合には1~5万円程度という考え方もあるようですが、やはり多くはかわいい孫にために成人式の衣装代などにと多く贈る人が多いようですね。

ただ、金額だけに限らず、プレゼントを贈る人もいるようです。

中には相場の金額をちょっと控えてその分プレゼントを合わせて渡すという場合もあります。

そのあたりは周りと話してみたり、いろいろ考えてみてくださいね。

成人式のお祝いはいつ渡すの?

成人式のお祝いはいつ渡せばいいのか、タイミングが難しいところですよね。

しかし、成人式のお祝いはいつ渡せばいいというものは特にありません。

特に成人式にこだわらずに二十歳の誕生日を迎えた時に渡してもかまいませんし、成人式に合わせて事前に渡しておくのでもいいでしょう!

スポンサードリンク

遅くなってしまっても成人式の前日や当日でも特に問題はありません。

ただ、成人式当日、式に出席する人へ贈る場合にはそのことを考慮して贈ってあげるようにしましょう。

特にお金だけではなくプレゼント、しかも成人式に使用できるような小物などを贈る場合には、相手の準備もあると思いますので早めに送ってあげるようにすることをお勧めします。

成人式のお祝いの渡し方は祝儀袋を使えばいいの?

成人式のお祝いを渡す場合、ふとどのように渡せばいいのかなんて悩んでしまったりしませんか?

まず、成人式はもちろんお祝いなので、お祝い袋、つまり祝儀袋で大丈夫です。

そして祝儀袋の水引は、「紅白の蝶々結びのもの」を選びましょう。

蝶々結びの水引には「何度来てもいいお祝い」という意味があります。

表書きはそのまま素直に「祝 御成人」「御成人御祝」「祝 成人式」などと書くといいでしょう。

もちろんプレゼントを贈る際にもお祝いごとですから必ず熨斗をつけて渡すようにしましょう。

まとめ

どうでしたか?

成人式にお祝いを送る際にどのように贈ればいいのかということがだいたいわかってもらえたと思います。

お祝いの金額に関しては、おおよその目安となりますので、その地域や家事で違ってくる場合もあるの注意してください。

そしてお祝いを贈るときには同じ水引きでも紅白の蝶々結びのものを選び、渡す時期は成人式の前日・当日でも構いませんが相手のことを考えてなるべく早めに贈ってあげた方がいいと思います。

成人式は人生の一大イベントの一つ、お祝いを渡す時には合わせて大人の仲間入りをする人にぜひ祝福の言葉を一緒にかけてあげるといいですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ