二日酔い対策とは飲む前や飲んだ後や寝る前に何したらいい?

二日酔い対策

二日酔い対策にはどんなことをしたらいいかを紹介します!

お酒を飲む人の中には二日酔いを心配してお酒を控えてしまったり、お酒を飲むスピードをセーブしてしまう人も多いのでは?

その理由はもちろん翌日の二日酔いのせいで予定が崩れてしまったり、平日の場合二日酔いがひどいと仕事などをやすまなければならなくなってしまうからです。

でもせっかくの楽しい飲み会などで飲む量を抑えるのはちょっと悲しいですよね。

そこで少しでも二日酔いにならないための対策をいくつか見ていきたいと思います。

「飲む前」や「飲んだ後」そして「寝る前」に、それぞれどんな二日酔い対策をしたらいいのでしょうか。

スポンサードリンク

二日酔いの対策とは飲む前にどうしたらいい?

さて、これから飲むぞというときに、ふと二日酔いを心配してしまうことってありますよね。

そんな時にはやはり事前に二日酔いの対策をしておくと翌日に響きにくくなると思います。

では、お酒を飲む前にできる二日酔い対策にはどのようなものがあるのでしょうか。

二日酔い防止ドリンクを飲む!

まず思い浮かべるのが、市販の二日酔い防止ドリンクなどですよね。

よくCMなどでも「飲む前に飲む」なんて言う言葉を聞くように、飲む前に飲んでおくことによってアルコールの吸収を抑えることができたり、アルコールの分解を促進することができます。

その他にできることもいくつかあります。

空腹で飲むのを控える!

まずは飲む前に軽く何か食べておくこと。

すきっ腹にお酒を飲むのはよくないとよく聞きますが、まさにその通り。

食べることができない場合には飲み会などでお酒を飲む前に少しつまみなどから食べておくといいでしょう。

その他の二日酔い対策!

他にも飲む前にタンパク質や脂肪分を摂っておくといいといわれ、最近ではアルコールを飲む前にオリーブオイルをスプーン一口飲んで置くといいということで広まっているようですよ。

二日酔いの対策とは飲んだ後どうしたらいいの?

もしも飲んで二日酔いになった場合、少しでも二日酔いを解消するためにはどうしたらいいのでしょうか?

その為には、二日酔いの原因から考えてみるといいでしょう。

二日酔いの原因とは、主にアルコールを分解するために発生する脱水症状と栄養不足です。

スポンサードリンク

つまり、少しでも早く体がアルコールを分解するためには水分補給と栄養補給をすることが必要なのです。

水分補給をする!

まず大切なのが水分補給。

こちらは一番おすすめなのはいち早く体に水分を浸透させることができるスポーツドリンクです。

その他にも栄養を補うためにフレッシュジュースなどもお勧めです。

もちろん市販の二日酔いに効く栄養ドリンクなどもお勧めですよ。

栄養補給をする!

それと、アルコールを分解するのに役立つウコンが含まれた食品を食べることもお勧めです。

例えばカレーに含まれる香辛料にもウコンが含まれるので、意外かもしれませんがカレーを食べると二日酔いが早く解消されるのです。

二日酔いの時にはどうしても体調を崩してしまい何も口したくないと思いがちですが、アルコールを分解するためには少しでも水分補給・栄養摂取をすることが大切なのです。

二日酔い対策で寝る前にできることとは?

飲んだ後にぐっすり寝て朝起きてみたら二日酔いになっていたら苦しいですよね。

そんなことになるべくならないように、そして少しでも二日酔いにならないための対策を寝る前に取っておくことが大切です。

お酒を飲んだ後に家に帰ったら少しでも早く寝てしまいたいと思いますよね。

でも明日の二日酔いを避けるために少しでも対策をしておきましょう。

アルコールを外に出す!

まずは、すでに気持ちが悪くなっているときには吐いてしまうというのも一つの方法です。

よく、お酒を飲みすぎて気持ち悪くなったけど吐いて楽になったという人がいますよね。

体内から少しでもアルコールを外に出すことによって二日酔いを抑えることができるのです。

この場合、泥酔している人を無理に吐かせると窒息死する可能性があるので注意が必要です。

水分を摂る!

その他にも、寝る前に脱水症状を避けるために水分を取っておくのもいいですよ。

スポーツドリンク、コップ1杯、できれば2杯ほど飲んでおく事をお勧めします。

そして、睡眠中に少しでもアルコールを分解できるように、睡眠はたっぷりとるということも体を休めるという意味でも大切になってきます。

まとめ

もしもお酒をたくさん飲む予定がある場合、どうしても気になるのが二日酔いですよね。

しかしせっかくの飲み会も二日酔いを気にしていてはあまり楽しめません。

お酒を飲む前、そして飲んだ後しっかりと二日酔い対策をすることで、気兼ねなく楽しくお酒を飲みたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ