年賀状を喪中にもらった場合の返事の仕方や文例と返信時期。

年賀状を喪中にもらった時の返事

年賀状喪中にもらったときの返事の仕方と文例(例文)を紹介します。

喪中の場合には事前に「喪中はがき」を出して年賀状を差し控えることをお伝えしますよね。

それによって相手も年賀状を出さないようにするのが一般的です。

しかし、いくら喪中はがきを出しておいても相手から年賀状が届いてしまったり、喪中はがきを出しそびれてしまった相手から年賀状をいただくこともあります。

もしも喪中に年賀状をいただいてももちろん年賀状を送ることはできませんよね。

ではもし年賀状を喪中の時期にいただいてしまったら

  • どのように返事を送ればいいのでしょうか?
  • 返信の時期はいつ頃がいいのでしょうか?
スポンサードリンク

年賀状を喪中にもらったときの返事の仕方とは?

もしも年賀状を喪中の間にもらったらどのように対応すればいいのでしょうか?

あらかじめ喪中はがきを出している場合には、改めて返事をする必要はありません。

ただ、こちらから喪中はがきを出しそびれてしまったという場合にいただいたらどうすればいいのでしょうか?

この場合は、もちろんこちらは喪中のため年賀状で返事をすることはできません。

その為、喪中はがきを出しそびれてしまった場合は寒中見舞いを利用して返事をすることになります。

その際には、きちんと改めてこちらが喪中であることへの謝罪を入れたうえで相手の健康を気遣うような文章を入れるといいと思いますよ。

年賀状を喪中にもらった場合の返事の文例(例文)

もしも喪中に年賀状をもらってしまった場合、年賀状で返事を書かずに寒中見舞いとして返事を出します。

しかし、なかなか寒中見舞いを書く機会がないのでどのように書いたらいいか悩んでしまいますよね!

スポンサードリンク

そんな時のために、こちらから喪中はがきを出しそびれてしまい年賀状を頂いた場合の返事の文例を紹介します。

年賀状を頂いた場合の返事の文例(喪中はがきを出忘れた相手へ)

寒中お見舞い申し上げます

また 念頭に丁寧な年賀状をお送りいただき ありがとうございます

昨年○月○日に ○○○○が亡くなり 新年のあいさつを控えさせていただきました

欠礼のお知らせをすべきところを ご連絡が行き届かず 大変失礼いたしました

寒い日が続きますが どうかご自愛くださいませ

このように、自身の近況は含まずに喪中はがきを送らなかったことの謝罪をまずは盛り込むことが大切です。

喪中にもらった年賀状の返信時期はいつ送るのが良い?

もしも喪中の間に年賀状をもらった場合、年賀状を出すことはできないので寒中見舞いで返事を出すことがほとんどです。

では、寒中見舞いで返事を出す場合はいつごろに出せばいいのでしょうか?

この場合、年賀状の返事だからといって寒中見舞いを年賀状の期間に出してはいけません。

寒中見舞いを出す場合には、1月8日~2月4日の立春ごろまでに出すのがマナーとなります。

ただ、やはり年賀状への返事という形で出すのであれば、なるべく早い方がいいでしょう。

目安としては、1月10日くらいに出すのがいいと思いますよ!

ただ、地域によっては松の内が1月15日のところもあるようなので、その場合は16日以降に出すようにしましょう。

まとめ

もしも喪中の際に年賀状を頂いたらどうすればいいのか困りますよね。

喪中はがきを事前に出しているのであれば特に返事をする必要はありませんが、喪中はがきを出しそびれてしまっていたらきちんと返事をしておいた方がいいですよね。

しかし、喪中のために年賀状を出すことはできません。

その際、「寒中見舞い」を利用することがほとんど。

寒中見舞いで年賀状の返事を出す場合には、松の内が過ぎてから2月4日の立春までに、できれば年賀状への返事になるのでなるべく早く出しておくといいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ