年賀状に一言添え書きする時の文例!親戚と友達で使い分けを

年賀状の一言

最近では自宅のパソコンやプリンターで簡単にオリジナルの年賀状を作れるようになり、そのため手書きではなく年賀状プリントをする人も増えました。

しかし、そのためにすべてが同じ年賀状になってしまうという人も多いと思います。

そんな時にはプリントされた年賀状に手書きで一言添え書きするのが相手に良い印象を与えます。

では、年賀状に添える一言どのようなものがあるのでしょうか?

年賀状にひと言を添え書きする時の文例を「親戚」「友達」用に分けて紹介していきます。

スポンサードリンク

年賀状に一言添え書きがあると相手も嬉しい!

年賀状プリントを利用すると、相手に関係なく同じあいさつ文になってしまいますよね。

しかし、相手には目上の人から友人まで様々な関係の人がいると思います。

そんな相手に差をつけるのが、プリントされた文面のほかに書き足す手書きの一言。

一人一人に添え書きをすることで、相手を気遣う年賀状を作ることが出来ますし、受け取る相手もその方が嬉しいものです。

添える言葉はもちろん相手によって違うと思いますが、自分の近況や年賀状を送る相手との思い出に残る場面を具体的に書くとより良いでしょう。

年賀状に添える一言で親戚に送るときの文例!

年賀状を送る相手には、結婚をされている方であれば親戚も多いと思います。

親戚と一言に行っても、普段から交流がある相手や、逆に年に1度会うか合わないかというちょっと疎遠になっている親戚まで様々ですよね。

ここでは親戚に年賀状を送るときに添える一言の文例をいくつか紹介します。

スポンサードリンク

親戚に送る一言(疎遠になっている人へ)の例文

(例1)
平素後の無沙汰をお詫び申し上げます 皆様にとりましては幸大木一年となりますよう心からお祈りいたします。

(例2)
ご無沙汰しておりますがいかがお過ごしでしょうか ご家族のご健康を心からお祈り申し上げます。

親戚に送る一言(普段から交流のある人へ)の例文

昨年中は何かとお世話になりありがとうございました 本年もよろしくお願い申し上げます。

年賀状に添える一言で友達へ贈るメッセージの文例!

友達へ出す年賀状に一言添える場合、相手にもよりますができるだけ堅苦しくないものを選びたいですよね。

普段からあっている友達へは最近の共通の話題を出してみるといいでしょう。

逆にしばらく会っていない友達には、近況を訪ねたり、再開を願うような内容にしてみるといいのではないでしょうか?

では、友達への年賀状に添える一言の文例をいくつか紹介します。

友達へ送るメッセージ(普段から懇意にしている友達)

(例1)
昨年中は大変お世話になりました 今年はお互いにとってますますよい1年になりますように。

(例2)
去年の暮れに引っ越ししました 落ち着いたら遊びに来てください。

友達へ送るメッセージ(しばらく会っていない友達へ)

(例1)
最近どうですか?久しぶりに会いたいですね。

(例2)
ご無沙汰しています その後変わりなくお過ごしですか?

まとめ

会社の目上の人などと違って、友人や懇意にしている親戚へ年賀状を送るときには、できれば近況の報告などのメッセージを添えたいものですよね。

内容は相手のことを考えて親しみを込めた内容がよいと思います。

年賀状というとどうしても年賀状プリントのメッセージに頼りがちですが、プラスオリジナルの一言を添えるとより一層相手へ気持ちを伝えられると思いますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ