年賀状のメッセージの例文!友達と上司と親戚で使い分け!

年賀状メッセージ例文

年賀状を作成するときにメッセージが一番悩みますよね。

年賀状は毎年年賀状プリントを利用するという人も多いと思いますが、そうなると送るものすべてが同じメッセージになってしまいますよね。

しかし、できれば友人・上司・親戚などへの年賀状のメッセージは分けたいもの!

では、年賀状のメッセージ、友人・上司・親戚に送る場合にはどのようなものにすれば失礼に当たらいなのでしょう。

スポンサードリンク

年賀状のメッセージの例文!友達に送るときには何を書く?

やはり年賀状のメッセージで一番書きやすいのが友人へのものですね。

こちらの近況や、目標などを友人に伝えるのもいいですよね。

ここではちょっとかしこまった友達への年賀状のメッセージをいくつか紹介します。

友達に送る年賀状のメッセージ例文(1)

Happy New Year!

昨年はとうとうお会いできませんでしたね

今年は時間を作って是非ともお会いしたいものです

ご家族の皆様のご清栄とご多幸を心よりお祈り申し上げます

20○○年 元旦

友達に送る年賀状のメッセージ例文(2)

賀正

昨年はいろいろお世話になり ありがとうございました

つかの間の休暇だけど リフレッシュして年明けからはまた頑張ろうね

今年もよろしく!

平成○○年 元旦

年賀状のメッセージの例文!上司に送るときはどう書く?

やはり年賀状を送るときに一番気を遣うのが上司ですよね。

では、会社の上司に送る際の年賀状のメッセージの例文を紹介します。

会社の上司に送る年賀状のメッセージ例文(1)

謹賀新年

昨年中は親身なご指導ご鞭撻をいただき心より感謝いたしております。

本年もご期待に沿えるよう精進いたす所存ですのえ何卒よろしくお願い申し上げます

平成○○年 元旦

スポンサードリンク

会社の上司に送る年賀状のメッセージ例文(2)

謹んで新春のご祝詞を申し上げます

旧年中は公私にわたり大変お世話になりました

心より感謝いたしております

本年もご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます

平成○○年 元旦

年賀状のメッセージの例文!親戚に書くときはどうしたらいい?

年賀状のメッセージで意外と気遣いが必要になってくるのが親戚ではないでしょうか?

自分の血縁の親戚への年賀状であればそれほど気にすることはありませんが、問題なのは結婚をした後旦那の親戚に年賀状を送ることになった時。

年賀状の内容も、普段付き合いがあるかないかによっても内容は変わってきます。

付き合いがある親戚に送る年賀状のメッセージ例文

昨年中は何かとお世話になりありがとうございました

仕事が忙しく多忙でバタバタする日々ですが たまには楽しくお酒でも飲みましょう!

本年もよろしくお願い申し上げます

平成○○年 元旦

1年に1度付き合いがあるかどうかという親戚に送る年賀状のメッセージ例文

新春のご挨拶をいたしますとともに 平素の疎遠をお詫び申し上げます

皆様のご健康とご多幸を 心からお祈り申し上げます

本年も何卒よろしくお願いいたします

まとめ

年賀状は、普段からお世話になっていたり付き合いがある人に贈る場合もありますし、毎年年賀状のやり取りのみという人に贈ることもあります。

もちろんすべて同じ年賀状プリントをしたものを送っているという人もいると思いますが、やはりその人によってメッセージは違ったほうが相手もうれしいと思います。

それができない場合には、年賀状プリントをしたものをそのまま送るのではなく何か一言手書きで添えて送るというのもいいと思います。

特に上司や親せきに年賀状を送る場合には気を使うことも少なくありませんし、年賀状によっては相手の気分を害してしまいかねません。

そうならないためにも相手に合わせた年賀状のメッセージを送ることが大切になってきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ