年賀状で結婚報告する時の文例!写真なしや旧姓で送るのダメ?

年賀状で結婚報告

知人に結婚したことをついつい報告し忘れてしまっていたということはありませんか?

年末になってくると年賀状結婚報告をと考えている人も少なくないのではないでしょうか?

もちろん年賀状を利用して結婚報告をする人も少なくありません。

しかし、実際に年賀状を利用するときにはいろいろな気配りが必要になってきます。

例えば、すでに結婚報告をしている人やしていない人、式に出席してもらった人や、呼ぶことができなかった人など。

その人によって年賀状の内容や文面は変えた方がいいでしょう。

では年賀状で結婚報告をする場合どのように出せばいいのでしょうか?

スポンサードリンク

年賀状で結婚報告をする際の文例

年賀状で結婚報告をする際、相手によって文面などを変えることが必要になってくると思います。

ここではその報告相手によって違う結婚報告の文例を紹介します!

下記のような文章を参考にしてくださいね!!

結婚式に出席いただいた方に対する年賀状の文例

新年おめでとうございます

昨年は私どもの結婚に際しまして ご多忙中にもかかわらず多大なご配慮を頂き

誠にありがとうございました

おかげさまで新婚旅行も無事終え 何かと迷いながらの生活も日々落ち着いてまいりました

まだまだ未熟な2人ですが どうぞ本年も変わらぬご指導のほどお願い申し上げます

平成○○年 元旦

結婚式に招待できなかった親しい人に対する年賀状の文例

あけましておめでとうございます

昨年○月○日 私たちは結婚いたしました

これからは二人で力を合わせ明るい家庭を築いて。ります

どうか末永いお付き合いをよろしくお願い申し上げます

平成○○年 一月一日

スポンサードリンク

年賀状で結婚報告を写真なしで送ってもいい?

年賀状で結婚報告をする場合、写真はどうするかというのも悩みどころ。

結婚報告をする場合には、相手によって写真をつけるかどうかを変えた方がよいでしょう。

例えば、結婚式に出席してもらった人や、出席してもらえなくても結婚報告をした親しい人であれば二人の写真・もしくは家族一同の写真を送るほうがよいでしょう。

ただ、特に親しいという間柄でないという人には、写真をつけると逆に不愉快に思われてしまうこともあるので文章だけで結婚報告をするようにしましょう。

年賀状で結婚報告をする場合、旧姓で送る?

年賀状で結婚報告をする場合、こちらの名前は旧姓で送ればいいのか、新姓で送ればいいのか困ってしまいまうよね。

名前を旧姓で送ると・・・

旧姓で送ってしまうと、返事をいただくときに相手が旧姓のままで送ってしまい、届かないということがあります。

名前を新姓で送ると・・・

だからといって、新姓のみで送ってしまうと、中には相手が旧姓のみしか知らず、さらに写真を見ても化粧などで顔がわかりにくくて誰だかわからないということもあります。

その為、一番良いのは新姓でフルネームで書いた後にカッコ付で旧姓をつけ足しておくと親切です。

まとめ

結婚をすると、ついついこちらは幸せモード全開で年賀状にラブラブの写真を載せて贈りたいと思ってしまいますよね。

しかし、写真の内容や、写真付きの結婚報告は場合によっては相手を不快にさせてしまうこともあります。

写真を送る場合は相手をきちんと考えて、そして載せる写真もあまりラブラブ過ぎないもの、2人や家族全員が仲良く笑っているような写真を選ぶといいでしょう。

そして、結婚報告を兼ねた年賀状の場合には、新姓のみで送ってしまうと相手にわかってもらえないこともあるので、新姓の後ろに旧姓も記入しておくと親切ですね。

年賀状で結婚報告をするのはとても良いものですが、相手によって送る内容を変える必要があるということをしっかりと覚えておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ