アクセサリーはシルバーとゴールドとプラチナどれがいい?

シルバーとゴールドとプラチナ

女性に喜ばれるプレゼントとしてアクセサリーがありますよね。

アクセサリーを選ぶときには、デザインはもちろんですが、もう一つ気にしてほしいのがその素材です。

ネックレスや指輪などに使われている素材といえば、主にシルバーゴールドプラチナになると思います。

しかし、デザイン選びはある程度できてもどの素材がいいかというとなるとどれがいいか困ってしまいますよね。

もちろん、この3つの素材にはそれぞれ特徴において違いもありますし、金額や値段も変わってきます。

今回はアクセサリーにシルバー・ゴールド・プラチナの素材を選ぶ際に少しでも参考になるようにその特徴や値段を抑えておきましょう。

スポンサードリンク

アクセサリーを選ぶ際のシルバーの特徴と金額のとは?

まず、シルバー・ゴールド・プラチナの中でシルバーが最も安いため、価格が手ごろというところが魅力の一つですよね。

簡単に比較をすると、だいたいゴールド・プラチナの40分の1くらいと考えていいと思います。

しかし、もちろんほかの貴金属の値段が跳ね上がっていることに比例してやはりシルバー自体の値段も上がってきています。

シルバーの特徴として一番思い当たるものといえば、硫黄によって黒っぽく変色してしまうということ。

その為シルバーアクセサリーをつけたまま温泉などに入った時に黒ずんでしまったという経験をした人も少なくないのでは。

ただ、この黒ずみは磨けば落ちますので安心してください。

値段が安いので特に学生などによく買われますが、最近では銀色だけではなくピンクシルバーやグリーンシルバーなどのカラーシルバーも増えているので大人でも十分に楽しめる素材だと思いますよ。

アクセサリーを選ぶ際のゴールドの特徴と金額は?

ゴールドといえば、やはりアクセサリーの素材としては定番ですよね。

シルバー・ゴールド・プラチナの中では一番高い素材となりますが、もしもアクセサリーの素材選びに迷ったら、ゴールドを選べばまず間違えないと思いますよ。

スポンサードリンク
その他にも、ゴールドは

  • 日本人の肌になじみがよく
  • アレルギーを起こすことも少なく
  • ゴールド自体が高級感を感じられる

素材となります。

ただ、ゴールドといってもいろいろな種類があります。

カラーにもピンクゴールド・ホワイトゴールドなどがありますし、純度によって10K・14K・18K・24Kなどに分かれます。

この中から定番で選ぶのであれば18Kあたりでしょうか?

輝きが美しく劣化が少ないので、長く愛用することができます。

アクセサリーを選ぶ際のプラチナの特徴と金額とは

アクセサリーを選ぶ際、プラチナもいいですよね。

プラチナは金額としてはシルバーよりも高級となりますが、ゴールドとは同じくらいの金額。

どちらかというとゴールドの方が割高になると思います。

しかし、どちらも値段に変動があるのでその時によってはプラチナの方が高価になることもあります。

シルバー・ゴールドに比べるとちょっとなじみが薄いプラチナですが、見た目はホワイトゴールドのような感じです。

だいたい婚約指輪や結婚指輪に使われるのがプラチナという場合が多いようです。

実は、ゴールドと比べるとどうしても劣ってしまうプラチナですが、実は金に比べると排出量が少なくとても希少な金属なのです。

見た目がホワイトゴールドと変わらないので、値段が気になる場合はホワイトゴールドでいいかもしれませんね。

まとめ

シルバー・ゴールド・プラチナの特徴はわかりましたか?

一番ポピュラーなのはゴールドで、素材選びに悩んだときにもゴールドが一番良いのですが、やはり値段がお高めというところが気になるところ。

若いうちは無理をせずに値段の比較的安いシルバーを選ぶといいかもしれませんね。

ちなみに結婚指輪や婚約指輪にはプラチナを選ぶ人が多いようです。

見た目も特徴も違ってくる3種類の素材ですが、プレゼントする相手やアクセサリーによってぴったりのものを選びたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ