お歳暮の相場の金額とは?両親や義実家と上司や取引先の場合

お歳暮の相場金額

お歳暮というと会社の上司や友人、先生や両親やその他のお世話になった人に贈るものです。

そして、お歳暮を購入するときに悩むのが品物の金額です。

基本的にお歳暮相場金額お中元よりも2~3割ほど高いものを贈ることが多いようです。

  • お歳暮を両親や義実家の送る場合の金額の相場。
  • 会社(職場)の上司に贈る場合の金額の相場。
  • 仕事の取引先にお歳暮を贈る時の金額相場。

など、お歳暮の相場というのは相手によってどのくらいの金額なのでしょうか?

スポンサードリンク

お歳暮の相場の金額とは両親や義実家の場合いくらくらい?

お歳暮というのはもともと年末に本家や実家の年神様にお正月にお供えしてもらう供物を持って行ったというのが由来の一つのようです。

その為今でも実家や義実家にもっていくという習慣がある人も少なくないと思います。

両親や義実家に贈るお歳暮の相場というのはどのくらいになるのでしょうか?

だいたい一般的に相場は3000円~5000円くらいです。

ただ、年齢によっても違い、

  • 20代~30代では3000円~4000円
  • 40代以降では5000円

ほどのものを贈るのが良いようですね。

だいたいデパートなどのお歳暮コーナーでも同じ品物でも金額によってそれなりのものが売っているので決めやすいと思います。

品物を贈る際、特に義実家に贈るときには品物を選ぶ際に注意が必要です。

自分の好みで相手にも喜んでもらえると思うものでも、相手の好みに合わないこともあります。

その為、きちんと好みに合わせて品物を吟味するようにしましょう。

お歳暮の相場の金額は会社(職場)の上司の場合はどのくらい?

上司にお歳暮を贈るときにはちょっと気を使いますよね。

値段が安いものでも相手に失礼に感じますし、逆に高すぎても相手に気を使わせてしまわないか心配です。

スポンサードリンク

では、実際に上司に贈る際にはどのくらいが相場なのでしょうか?

一口に上司といってもいろいろな状況が考えられます。

会社(職場)の上司へのお歳暮金額の考え方!

普通は3000円~5000円前後が相場ですが、特別にお世話になっている人には5000円~10000円程度にしておくとよいでしょう。

また、贈る人の年齢によっても変えるとよいと思います。

  • 20~30代では3000円~4000円程度
  • 40代以降では5000円~6000円くらい

がよいでしょう。

会社の上司におすすめのお歳暮の商品とは?

品物としてはお正月に使いやすい高級な食料品、特にハムやカニなど。

お酒が好きな上司ならお正月にお客さんを迎えることを考え、アルコールなどもよいと思います。

ただ、もちろん相手の好みを考えて贈ることが必要になってきます。

お歳暮の相場の金額は仕事の取引先の場合はいくらくらいがマナー?

お歳暮を取引先の相手に贈ることもありますよね。

その時の金額の相場はどのくらいなのでしょうか?

仕事の取引先へのお歳暮金額は?

こちらの場合もだいたい3000円~5000円くらいが相場です。

取引先だからといって金額に無理をすることはありません。

御歳暮というのは一度だけではなく毎年贈るものになります。

その為、たとえ3000円くらいでもきちんと相手のことを考えて贈るものであれば失礼にあたりません。

まとめ

お歳暮を贈るときに品物と同じくらい悩むのがどのくらいの金額のものを贈るかどうかですよね。

毎年贈っている相手であれば、同じくらいのものを贈るのがマナーです。

もし始めて贈る相手でどのくらいの金額のものが良いのか迷っている場合には、だいたいどの相手に対しても3000円~5000円くらいのものなら問題はありません。

ただ、特にお清和になっている人や、贈る人の年齢によっても金額を考えるとよいと思いますよ。

もちろん品物を選ぶときには金額よりも、相手に喜んでもらえる品物を選ぶことが大切になってきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ