お歳暮のマナー!カタログギフトや商品券や金券は失礼な品物?

お歳暮のマナー

お歳暮を贈るのであれば、相手に喜んでもらえるものがいいですよね。

しかし、品物によって、贈る相手によっては受け取る相手が失礼と受け取ってしまうこともあります。

お歳暮マナーとして避けた方がよい商品というのはどのようなものがあるのでしょうか?

  • お歳暮のマナーとしてカタログギフトを贈るのは失礼か?
  • 商品券や金券を送るののもお歳暮のマナーとして失礼か?
  • お歳暮のマナーとして贈っていけない品物にはどんなものがあるのか?

について確認してみましょう。

スポンサードリンク

お歳暮のマナーとしてカタログギフトを贈るのは失礼?

相手に品物を贈るときに、何を贈ったらいいのか、せっかく贈っても相手に気に入ってもらえなかったらショックということで、なかなか難しいものですよね。

それに、最近ではネットなどで人気ランキングや逆に欲しくないもののランキングなども目にする機械があり、さらに迷ってしまいます。

そんな時に便利なのが、カタログギフト。

カタログギフトなら、たくさんの商品の中から好きなものを選んでもらえるので、こちらで品物を悩むことはありません。

確かに相手から見ても欲しいものを選べるので一見良いように見えるのですが、逆に失礼と感じる人もいるようです。

例えば、カタログギフトの場合、価格がどうしてもカタログ製作費込みとなってしまうのでどうしても金額よりも安いものになってしまいます。

さらに、中には選ぶのが大変、きちんと商品を選んでもらったほうが気持ちがこもっていると考える人もいるようです。

一見、相手にも喜んでもらえそうなギフトカタログですが贈る相手によってはちょっと考えた方がよさそうです。

お歳暮のマナーとして商品券や金券を贈るのは失礼?

商品券や金券をお歳暮いただいたら正直言ってうれしいですよね。

しかし、お歳暮として個人的に贈るのはちょっと考えた方がいいかもしれません。

確かに誰もが商品券や金券をいただいたら好きなものに利用することができるのでとても便利でありがたいものですよね。

スポンサードリンク

ただ、贈る相手が離れて暮らす両親や目上の人だったらどうでしょうか?

商品券や金券はいわば「お金」ですよね。

年下の人から直接お金をいただくということは、「年下から施される」「生活の心配をされてる」と受け取られかねません。

友人など気心の知れた相手であればいいかもしれませんが、基本的には避けた方がいいかもしれません。

感謝の気持ちを贈るのですから、せっかくなら相手のことを考え、相手の気持ちを考えて商品を選ぶというのも一つの感謝の気持ちだと思いますよ。

お歳暮のマナー!送っていけない品物とは何?

お歳暮の商品として、やはり避けた方がよいという商品もいくつかあります。

お歳暮のマナーとして靴下や下着などを送るのは避ける!

決して送っていけないものは、靴下や下着など身に着けるもの。

これは、自分が相手に対して「みすぼらしい恰好をしている」靴下の場合には「相手を踏みつける」という意味にとられてしまい、かなり失礼にあたります。

お歳暮のマナーとして刃物を送るのは避ける!

また、これはすべての贈り物に言えることですが、刃物は避けた方がいいでしょう。

刃物は、相手との縁を切るという意味合いがありますので絶対にいけません。

お歳暮のマナーとしてお金を送るのは避ける!

このほかにもお金や商品券なども、気心の知れた相手ならいいのですが、目上の人に贈ると「年下から施される」という意味にとる人もいるので避けましょう。

後は、相手の好みを考えて贈ることも大切です。

例えば、お歳暮として喜ばれそうなビールなどの酒類ですが、中にはお酒が全く飲めないという人もいるので相手の好みをあらかじめ調べてから送るとよいですよ。

まとめ

お歳暮というのは贈っても贈られてもうれしいもの。

さらに1年の感謝の気持ちを込めて贈るものですよね。

こちらは相手のことを考えて贈った品物でも、ものによっては相手に失礼に当たるものもあるので注意が必要です。

特に一見便利な商品券などの金券やカタログギフトは相手を考えて贈るといいでしょう。

他にも、縁起などを考えて贈ってはいけないものもあるので、気になるときは一度調べてから送るといいかもしれませんね。

せっかくの贈り物ですから、相手に喜んでもらえるものを贈りたいものです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ