お歳暮を贈る時期はいつからいつまで?マナーにも要注意です

お歳暮を贈る時期

毎年年末が近づいてくるとお歳暮時期になりますよね。

毎年大手ショッピングセンターやデパートなどでは時期が近づくと土日は特設会場でお歳暮を注文する長い列を目にすることがあります。

大手ショッピングセンターなどでは早期注文をすると割引があったりして特になりますが、ついつい後回しにしてしまうという人も少なくないのではないでしょうか?

そこでよく思うのが、

  • お歳暮を贈る時期はいつからいつまでの間に届けるのが良いか?
  • お歳暮を送る場合や渡す場合の時期にマナーや注意点はあるのか?

ということではないでしょうか?

そこで、ここではお歳暮の時期やマナーについて見ていきましょう。

スポンサードリンク

お歳暮の時期はいつから?

お歳暮というと、年末が近づくと準備をするものですよね。

大きなデパートやショッピングセンターなどでお歳暮の商品を並べているのを見ると、「そろそろ準備をしないと」と考える人も少なくないのではないでしょうか?

では実際にはお歳暮の時期というのはいつから大丈夫なのでしょうか?

お歳暮というのは年の暮れという意味があります。

昔は新年に先祖の霊を迎えるために必要なお供え物を分家した人が本家や親元にもっていく行事でした。

しかし、最近ではお世話になった人に一年の感謝の気持ちを込めて年末に贈る贈り物となっていますよね。

そんなお歳暮を贈る時期はやはり年末。

もともとは新年の準備を始める12月13日から20日という短い期間の間に送っていたそうです。

しかし、最近ではだんだんとお歳暮を贈る時期は早まるようになり、地域によっても違いますが、早いところでは11月末から送る人も多いですよ。

つまり、特に明確なお歳暮の贈り時期というのは決められてはいないようです。

ただ、だいたい

スポンサードリンク
  • 関東では12月初旬から31日まで
  • 関西では12月13日~31まで

とされているようですが、年末はどの家も忙しいので、だいたい20日までに届けるのがよいようです。

お歳暮の時期はいつまで?

お歳暮の時期は、年末とされているので、12月31日までに届ければ特に問題はないようです。

ただ、年を越えてしまう場合には表書きを「お年賀」とし、お歳暮ではなくなってしまいます。

そしてもう一つ注意してほしいのは贈る時期。

先ほどお歳暮は12月31日までといいましたが、正直言って12月31日に届ける人はそうそういませんよね。

どうしても年末となると、お正月の準備などでどの家も忙しくなる時期です。

その為、できれば12月20日くらいまでにお歳暮は送るのが一般的となってます。

お歳暮の時期のマナーとは?

お歳暮の時期というのは、地域にもよりますがだいたい12月13日~12月20日というのが一般的です。

贈る時期を気にするということも大切ですが、品物もちょっと気にしたことがよいマナーがあります。

お歳暮の時期は贈る品物にも注意!

それは、贈る内容によって時期や対応を変えるということ。

お歳暮の時期というのは、ほかの家からのお歳暮など頂き物が重なる時期となります。

その為、なるべくなら生ものではなく日持ちをするものがよいでしょう。

もしもそれでも生ものを贈るのであれば、事前に相手に連絡をすると親切でしょう。

さらに、生ものを贈るときには、なるべく遅い時期に送ったほうが年末年始に利用しやすいのでよいと思います。

まとめ

お歳暮の時期というのは、年末の時期と重なり、受け取る相手も忙しい場合がほとんどです。

その為、期間としては12月31日までとされていますが、年末は忙しくなってしまうのでなるべくであれば12月20日までに贈るとよいでしょう。

贈る品物も、相手のことを考えて生ものをなるべく避け、もしもどうしても送りたい場合にはあらかじめ相手に連絡をしてから送ると親切ですよ。

せっかく贈る贈り物ですから相手に喜ばれるものを贈りたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ