喪中の範囲はどこまでの身内が対象?祖母や叔父も入る?

喪中の範囲はどこまで

喪中範囲はどこまでの身内が対象なのでしょうか?

  • 1親等や2親等や3親等などありますが何親等までが喪中の範囲になるのでしょうか?
  • 祖母や叔父の場合も入るのでしょうか?

もしも身内や親族に不幸があった場合、ふと考えてしまうのがどこまでの続柄なら喪中になるのかということですよね。

この判断は中か難しいものです。

しかし、喪中の場合には年賀状も控えて喪中はがきを出したり、ほかにも控えなければならない行事などがあり、しっかりと覚えておかないと大変なことになります。

そんな喪中になる範囲については、個人の続柄によって変わってきます。

では、明確にはどの範囲までが喪中に入るのか、そして続柄によっての喪中の期間について考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

喪中の範囲はどこまで?何親等までの身内が対象なの?

親族がなくなった場合、考えることの一つとして、自分は喪中に入るのかということがあります。

喪中に入るか入らないかで、行ってはいけないもの、事前に行わなければならないものなどがあるからです。

その為、明確に喪中なのかそうでないのか知っておくことが必要になります。

喪中というのは、地域やその家の考え方によっても多少違うようですが、一般的には2親等までといわれています。

ここで簡単に自分を基準とした親等を簡単に説明すると、

喪中の範囲とは?
  • 0親等…夫・妻。
  • 1親等…父母・配偶者の父母・子供。
  • 2親等…自分の兄弟、姉妹・兄弟、姉妹の配偶者、祖父母、孫。
    配偶者の兄弟、姉妹・兄弟、姉妹の配偶者、祖父母。

このようになるので覚えておくといいと思います。

しかし、3親等以降でも喪に服してはいけないというわけではありません。

喪中の範囲は祖母の場合も入る?

もしも別々に暮らしている祖母に不幸があった場合、喪中に入るかどうかちょっと考えてしまう人もいるかもしれません。

スポンサードリンク

しかし、先ほど話した通り、喪中の範囲というのは一般的には2親等までとされています。

祖父母、もしくは配偶者の祖父母も2親等となりますので、たとえ離れて暮らしている祖母が亡くなった場合でも喪中となります。

もちろん同居されている祖父母であれば喪中となり、例えば年賀状などは控えるのが一般的なようです。

ただ、これは人の考え方でもあるので、喪中であればたとえ別居でも喪中となると考える人と、一緒に暮らしている人でなければ喪中とは考えないという考え方の人もいます。

その為、気になる人は身近な人に聞いてみるといいかもしれませんね。

喪中の範囲は叔父の場合も入る?

もしも叔父に不幸があった場合、これは親等で考えると3等身となるため一般的な考え方としては喪中にはなりません。

ただ、もしもその叔父と同居していたとなると話は違ってきます。

同居していた叔父に不幸があった場合には喪中と考えた方がよいのです。

このほかにも、よほどその叔父にお世話になった、もしくは親交が深かったなどという場合にも喪に服したほうがいいでしょう。

こちらもあくまでその人の考え方にもよると思いますので、亡くなった方に対して喪に服したいというのであれば、喪に服してもよいと思います。

他にも、故人から「自分が死んでも喪に服すことなく普段通り過ごしてほしい」などと遺言があった場合には、故人の意向を大切にし、喪に服す必要はないと思います。

まとめ

もしも親族に不幸があった場合、一般的に喪に服す必要があるのは2親等までとされています。

しかし、明確に2親等までというものを守る必要は必ずしもありません。

例えば、2親等であっても遠く離れていてほとんど親交がなかったり、故人の意向で喪に服さないでほしいといわれていた場合には、必ずしも喪に服す必要はないと思います。

逆に3親等以降でも、同居をしていたり、とてもお世話になったり、親交が深かったりする場合には喪中としてもいいと思います。

つまりはあくまで2親等までというのは基準であり、あとは自分の考え方、もしくはその家の考え方ということになると思いますので柔和に考えることが必要になってきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ