クリスマスカードの手作り簡単!飛び出す物や子供が作れる物

クリスマスカードが手作りで簡単

クリスマスプレゼントを渡すとき、やはりおしゃれなクリスマスカードを添えるというのもいいですよね。

クリスマスが近づくと、雑貨屋さんなどで様々な種類のクリスマスカードが販売されていますが、せっかくのクリスマスなので、クリスマスカード手作り簡単に作ってみるというのはどうでしょうか?

ここでは

  • クリスマスカードを手作りで簡単に作る方法
  • 飛び出すカードの作り方
  • 子供でも簡単に作れるクリスマスカード

について紹介します。

手作りというとどうしても「面倒」「どのように作ればいいかわからない」と思ってしまいますが、ネットなどを参考にしてみたり、身近なものでも簡単に作ることができますよ。

ちょっとしたアイデアで簡単にオリジナルのクリスマスカードが作れます。

スポンサードリンク

クリスマスカードを手作りで簡単に作るには?

クリスマスカードを手作りで簡単に作るなら、やはり身近にあるものをアレンジして使うといいですよ。

マスキングテープを利用

クリスマスカード手作りで飛び出す

例えば、しばらく前から人気を集めている「マスキングテープ」を使ってみるというのはいかがですか?

マスキングテープをカードに上から順に長くなるようにピラミッド型に貼り付け、一番上に星形に切り抜いたもの、そして下には木の部分を模したものを張り付けるだけでクリスマスツリーの出来上がりです。

マスキングテープの色や柄を組み合わせて簡単にかわいくカードが作れます。

同じくプレゼントボックスに見えるようにたくさんの四角を重ね、リボンに見えるように張り付けてもかわいいですね。

クリスマスツリーのイラストを描いて、それをマスキングテープで飾るというのもおしゃれですね。

画用紙を利用

他にもカードに画用紙などで切り抜いて貼るだけでもかなりおしゃれに見えます。

折り紙なら最近はかわいいドット柄などのカラフルなものも増えているのでそちらを活用するのもいいと思いますよ。

このように、マスキングテープ・画用紙や折り紙・ほかにもリボンなどをカードに貼りつけるだけでもかわいいカードの出来上がりです。

スポンサードリンク

クリスマスカード、手作りで飛び出すカードの作り方

同じクリスマスカードでも飛び出すタイプのカードはデザイン性が高くてとてもおしゃれですよね。

そんな飛び出すポップアップカードは手作りするのは難しいのではないかと思いますが、意外と作ってみると簡単なもの。

「普通のクリスマスカードではインパクトが足りない」という人はぜひチャレンジしてみてください。

飛び出す絵柄は、クリスマスツリー・雪の結晶・雪だるま・サンタなどおなじみのものがいいでしょう。

作り方も意外と簡単です。

飛び出すカードの作り方例

用意するのはカードの用紙を元のものと飛び出す部分の2枚、あとはカードをデコレーションするペンなどです。

飛び出す部分の真ん中に目印となる折れ目を入れ、そこに飛び出すキャラクターを下書きした後左右の端を残すように切り抜きます。

後は真ん中を谷折りして切った部分だけ山折にするだけで基本は出来上がり。

後は土台となるカードに飛び出していない部分を貼りつけて完成です。

基本さえわかれば後は好きなものが自由にできるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

子どもでも作れる簡単手作りのクリスマスカード

クリスマスカードを手作りで子供も

クリスマスカード、手作りでは意外と難しそうですが、作り方によってはお子さんと一緒に楽しく作ることができます。

簡単に作れるクリスマスカードといえばやはり折り紙を使ったものだと思います。

折り紙でクリスマスをイメージするサンタや雪だるま、クリスマスツリーを切り抜いてカードに貼るだけでももちろん大丈夫。

折り紙で追ったキャラクターを直接貼るのもいいですね。

ちょっと凝ったものならマスキングテープをちぎってモチーフの形を作るというのもおしゃれですし、お子さんは張るだけでいいので簡単ですよ。

他にも何種類かの画用紙をクリスマスモチーフ(雪の結晶など)のパンチで切り抜き、それをカードにペタペタと貼るのもかわいいですよ。

ぜひお子さんと一緒に作ってみてくださいね。

まとめ

毎年クリスマス近くなると欠かせないのがクリスマスカード。

毎年プレゼントに添えているという人もいるのではないでしょうか。

しかしせっかくのカードなら今年はぜひ手作りしてみてはいかがですか?

ぶきっちょっさんでも大丈夫、身近なものを利用して簡単に、そしておしゃれに作ることができますよ。

今年のクリスマスカードはぜひ世界で1つだけのオリジナルカードを渡してみませんか?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ