本厄とは!本厄の女性の過ごし方や結婚出産どうしたらいい?

本厄とは

厄年というのは、女性と男性の年齢の違いこそあれ、一生のうちで何度か訪れるものです。

さらに、厄年には前厄・本厄・後厄の3年にわたるものであり、その中でも本厄というのは特に厄災に注意が必要な都市とされています。

特に男性は42歳・女性は33歳が大厄とされています。

しかしこの厄年には特に根拠はなく、男性は「死に」、女性は「散々」のごろ合わせとなっているのです。

それでも男性の42歳は仕事でも役職についたりするなどいろいろな社会的責任を任され、ストレスを覆うくけることで体調を崩しがちな年、女性の場合は結婚・出産などで同じく生活環境に変化の訪れる年となっています。

では、本厄の年に女性はどのように過ごせばよいのでしょうか?

本厄とはどういうものなのか?本厄の女性の過ごし方や結婚・出産どうしたらいいのでしょうか?

スポンサードリンク

本厄とはどのように過ごせばいいの?

本厄とはどう過ごす

本厄とは、厄年の中でもその年1年は役に見舞われる可能性が高いため、できるだけ静かに過ごすのがよいとされています。

人生の中では引っ越しや出産、転職など人生の転機が何度か訪れますよね。

新しいことを始めたり、生活環境を変えるためには多くのエネルギーを必要とします。

そしてエネルギーを多く使うことで、体調を崩したり、ほかのことの注意力が散漫になってしまうことも多くあります。

そんな時に体調を崩してしまったり、事故を起こしてしまったりと別の災いを起こしてしまうことがありますよね。

それを特に注意しておきたいのが本厄となるのです。

本厄には本来生活環境を変えずになるべく静かに過ごした方がよいといわれていますが、その反面で、女性であれば本厄に出産することで厄を落とすことができるという考えも地域によってはあるようですよ!

どちらにしても、本厄の場合には普段以上に周りに注意しながら生活していく方がよいといえます。

ただ、本厄だからといって必要以上に気にすることも、ストレスなどになって逆に良くありません。

特に本厄に悪いことがあったりすると「本厄だから」と気にもむ人もいるでしょう。

しかしそんな時こそ、なるべく気にしないように過ごすことが大切なのです。

本厄の女性は何を気にすればいいの?

本厄の女性

スポンサードリンク

女性が本厄になった場合、気にするのは結婚や出産などではないでしょうか?

特に女性の大厄である33歳(満年齢では31歳~32歳頃)では、結婚や出産を経験する人が多い年でもあります。

しかし、絶対にやってはいけないのは、厄年・大厄だからといって結婚や出産に消極的になってしまうということ。

確かに厄年はあまり生活環境を変えずに静かに過ごすとよいといわれています。

だからといってせっかくの好機を厄年のせいで逃すことはありません!

もちろん慎重に過ごすことは必要になってくるかもしれませんが、悪いことが起こるかどうかは気の持ちようでもあります。

考えすぎることで逆に厄を招いてしまうということもありますので、気にしないようにすることも大切です。

もしもどうしても気になる場合には、しっかりと厄払いを受けておくとよいでしょう。

厄払いを受けることで気持ち的にもだいぶ楽になりますよ!

本厄の女性は結婚・出産を控えた方がいいの?

本厄の結婚や出産

女性の人生の一番の転機はやはり結婚や出産ではないでしょうか。

しかも33歳の大厄に当たる年は、結婚・出産の機会の多い年でもあると思います。

しかし、厄年だからといって結婚や出産を控えることはありません!

確かに本厄に当たる年はあまり生活環境に変化は起こさずに静かに過ごすことがよいとされています。

しかし一方では、本厄に結婚をすることで人生に新たなスタートをして、今までの厄との縁を切るという考え方もあります。

そして出産も本厄にするということで厄落としになるという考え方もあり、地域によっては本厄の年に出産をすることが喜ばれることもあるのです。

その為、本厄を理由に結婚や出産を控える必要はないと思います。

むしろ、結婚や出産が厄払いになると考えて、気にしないことが大切なのです。

まとめ

女性の厄年というのはそのほとんどが30代に集中しています。

女性の30代といえば結婚や出産が重なるという人も少なくありません。

しかし、本厄だからといって結婚や出産を控える必要はありません。

もちろん本厄はあまり生活環境は変えない方がいいといわれています。

でも、それを理由に結婚や出産を控えることで逆にふさぎ込んでしまい厄を招いてしまうことも考えられます。

結婚や出産は厄落としになるという考え方もありますので、あまり厄年だからと気にしない方がよさそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ