厄年の本厄と前厄と後厄の意味と違いについて知ろう!

厄年の本厄とは

厄年というのは男女の年齢の違いはありますが、誰もが一生のうちで何度か訪れるもので、その年には厄を払ってもらう人が多いものです。

もともと厄年というのは、生活環境が変わったりするときに当てはまることが多いもの。

男性なら25歳・42歳・61歳、女性なら19歳・33歳・37歳・61歳が本厄となります。

ちなみに男性は42歳・女性なら33歳が大厄となり、より気を付けなければならない年となります。

ただ、厄年を見た時にちょっと気になるのが「本厄・前厄・後厄」の存在ですよね!

厄年にはその年である「本厄」のほかにその前の年である「前厄」、あとの年である「後厄」というものがあります。

では前厄本厄後厄それぞれどのような意味があるのでしょうか?

スポンサードリンク

厄年における本厄にはどのような意味があるの?

本厄とは

厄年における本厄は、文字通り厄年となります。

厄年というのは身の回りの生活環境が変わったり、体調に変化が起こったりする時期といわれています。

男性の大厄である42歳であれば仕事で重要な役職についたりしてストレスをためてしまい体調を崩してしまったり、女性であれば大厄である33歳は結婚・出産を経験する人が多いのではないでしょうか。

ただ、本厄といっても悪いことばかりがあるというわけではありません。

本厄で注意しなければいけないのはまず健康面です。

疲れやすかったり病気になりやすかったり、事故やけがに遭遇しやすいので気を付けましょう。

その他にも、精神面でもいろいろと注意が必要です。

本厄だからと気をもんで体調を崩してしまうというのもよくありませんが、悲観的になったり、マイナス思考になりがちなのも本厄の年に多いようです。

本厄は逆に良いこともあります!

本厄に良いのは学問。

資格試験にチャレンジするのもいいですし、勉強をしっかりするのに向いているのも本厄の年です。

他にも読書をするのも向いているようです。

他には、異性関係もよいです!

結婚・恋愛だけではなく、子供関係のこともよいとされています。

厄年における前厄とはどのような意味があるの?

前厄とは

スポンサードリンク

前厄というのは厄年において本厄の前年の年にあたります。

前厄は、本厄に次いで悪い年のようです。

よく厄年は「前厄・本厄・後厄」すべての厄年に厄払いをしてもらわなければならないのかと考える人がいるようですが、それは人それぞれの考え方だと思います。

気になる人は3年間すべて厄払いをする人もいますし、気にしない人なら全く厄払いをしないという人もいます。

ただ、前厄は来年の本厄に備えていろいろと体の変化の兆しの年ともいえる年です。

でも「何かが起こる」と考えるよりも、来年の本厄に備えて普段よりも気を付けて生活をするという程度で大丈夫だと思いますよ。

前厄で注意しなければならないのはお金と人の縁

損出や盗難など何かとお金を失いやすい年になります。

その他にも人との縁にも注意が必要になります。

親しい人との縁が薄くなってしまったり、知らないところで悪い噂を立てられてしまったりする可能性があります。

前厄の年はなるべく目立たないように静かに過ごしたほうがよいようです。

前厄の良いのは、直感がさえること!

逆に前厄の良いのは、直感がさえるといわれていることです。

良いアイデアやなどが浮かぶので、美術や芸術に触れるとよいでしょう。

厄年における後厄とはどのような意味があるの?

後厄とは

後厄とは、厄年に続く年となります。

厄年が明けたといったからといって急に厄が終わるわけではありません。

少しずつ厄が明けていくと考え、本厄が終わった後でも最後まで慎重に過ごすように心がけるのが後厄となります。

後厄に注意しなければならないのは「油断」

厄が明けたからといって安心して無理をしてしまうと逆に悪いことが起こってしまうことがあります。

厄が明けた後厄も慎重に、特に家庭を大事に、そして何を行うにもしっかりと計画を立てることが大切になってきます。

後厄でよいことは家族の大切さを改めて知ることができること

後厄でよいことは家族の大切さを改めて知ることができることです。

今までの本厄の間、支えてくれたのは一番身近にいる家族です。家族に感謝の気持ちを持って過ごすとよいでしょう。

まとめ

厄年というのは、本厄だけではなくその前の年である前厄、そして後の年である後厄にも注意が必要だということがわかったと思います。

ただ、前厄・本厄・後厄だからといって身構える必要はありません。

前厄は本厄に向けての注意、そして後厄は厄が少しずつ明けていくことをに注意していくとよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ