口内炎の治療は病院がいい?自宅で早く治す方法や食事ある?

口内炎の治療

口内炎を早く治したい場合はどうしたらいいでしょうか?

口内炎治療をするなら病院に行った方がが良いのでしょうか?その時は何科を受信すればいいのでしょうか。

また病院ではなく、自宅で治したい場合の治療方法はあるのでしょうか?食事でも口内炎は治るのでしょうか。

スポンサードリンク

口内炎の治療を病院でするほうがいい?

口内炎の治療は病院

口内炎というと、自然に治るのを待つほかに、どうしても早く治したい場合には塩を患部に塗るなどの民間療法や、そのほかにも市販薬で治すという方法もあります。

しかし、きちんと原因を知ったうえでなるべく早く治すために病院治療するという方法があります。

口内炎を病院で治療してもらうには、口の中の炎症なので歯科や皮膚科を受けるという人が多いようです。

しかし、実際に口内炎の専門となると、耳鼻咽喉科となります。

ちなみに口内炎の病院での治療方法は、主に対処療法。

患部に軟膏を塗るのが治療となります。

病院で軟膏が処方されると思うので、その軟膏をきちんと言われたとおりに塗り続け、さらに口の中を常に清潔に保ち細菌を繁殖しないために常にうがいをすることも勧められると思います。

ただ、ウィルスやカビが原因の場合は、レーザー治療が行われることがあります。

レーザー治療とは口内炎を焼いてしまうことで痛みを軽減することができるのです。

カンジダ性口内炎の場合には、ほかの病気を併発している可能性があるので、そちらの治療から行われます。

口内炎の治療方法にはどんなものがある?

口内炎の治療方法とは

口内炎の治療方法にはいろいろな方法があります。

一番お手軽なのは、やはり家にあるもので対応する方法。

塩を直接患部に塗るという方法があります。

これは最初は患部がしみることになりますが、早い人では2~3日で痛みがなくなるといわれています。

口内炎を治すには市販薬も売られていて、

スポンサードリンク
  • 直接患部に塗る軟膏
  • 患部に貼るパッチ

などがあります。

パッチなら傷を治すだけではなく、貼っている間傷を守るという利点もあります。

そして、普通なら自然と治ってしまう口内炎も、治りにくかったり、治っても何度もできてしまうこともあります。

その場合にはもしかしたら別の病気の可能性もあるので、速やかに医療機関を受診することをお勧めします。

口内炎を治すために、医療機関を受診するという方法もあるのです。

口内炎の治療は食事でもできる?

口内炎治療の食事

口内炎を治療する方法として食事を改善するという方法があります。

口内炎は栄養不足が原因になっている場合がある!

というよりも、口内炎の原因の一つとして考えられるのが、栄養不足。

特に口内炎を治すためには、ビタミン不足が考えられます。

特に口内炎に重要な役割を果たしてくれるのがビタミンB2やビタミンCです。

ちなみにビタミンB2が豊富に含まれているのがウナギやレバー、納豆、卵、さばやいわしなど。

そしてビタミンCが豊富に含まれているのがレモンやブロッコリー、ピーマンなどです。

これらを積極的にとることで、口内炎を治りやすくするだけではなく、できにくくする効果も期待できるんです。



→毎日の生活をサポートする食品由来にこだわった「マルチビタミンサプリ」の詳細はこちらです。

まとめ

口内炎の治療方法にはいろいろな方法が考えられます。

もちろん口内炎というものはそのほとんどがそのままにしておくだけでも自然に治るものですが、できれば治療をして早く治ってほしいですよね。

家にあるもので簡単に治したい場合には塩やはちみつを使用する方法。

その他にも、市販薬を使用する方法や、どうしても気になる場合には専門の医療機関を受診するという方法もあります。

もしも口内炎を早く治したいと考える場合には、自分に合った治療法を見つけてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ