口内炎を早く治す方法!塩や食べ物の効果は本当?

口内炎を早く治す

口内炎ができてしまうと、常に口内炎の場所が気になってしまったり、しかも食べ物を食べるときにはどうしてもその場所を意識して食べなくてはいけないのでつらいですよね。

ただどうしても口内炎を早く治したいということがありますよね。

もちろんそんな時には口内炎を早く治す方法がいくつかあります!

ここではその口内炎早く治す方法を紹介していきたいと思います。塩や食べ物の栄養効果とはどんなものでしょうか。

スポンサードリンク

口内炎を早く治す方法はあるの?

口内炎を早く治す方法

口内炎はそのままにしておいても自然と治ることがほとんどですが、どうしても早く治したいというときがありますよね。

そもそも口内炎は、体調不良などが原因となりできることが多いのです。

例えば、

  • 疲労
  • 睡眠不足
  • 風邪
  • ストレス

などです。

これらが長く続くと、唾液の分泌量が減り、口の中の細菌が繁殖しやすくなるのです。

口の中の細菌が増えることで口の中の小さな傷などで細菌が増えて口内炎が発生しやすくなるのです。

つまり口内炎ができる理由というのは口の中の細菌が増えるから、口の中の細菌を減らすことができれば口内炎を早く治すことができたり、口内炎ができるのを防ぐことができるのです。

特に口内炎ができやすい人は、常に口の中の細菌を増やさないように清潔に保つことが大切なのです。

口内炎を早く治すために塩は効果あるの?

口内炎を早く治す塩

もしも口内炎ができてしまったら、いち早く治すための方法の一つとして塩があります。

どのように塩を使用して口内炎を治すというとそれには2つの方法があります。

口内炎に塩を直接塗る方法!

1つは直接口内炎に塩を塗るという方法です。

口内炎に直接塩を塗り、痛みが引くのを待ってから塩をうがいでゆすぎます。

それによって口内炎の患部を直接殺菌することができ、1日1回行うことによって早い人では2~3日で口内炎を治すことができます。

スポンサードリンク

口内炎に塩を塗ることがつらいという人は、塩を乗せるだけでも大丈夫です。

塩を水に溶かしてうがいする方法!

口内炎は塩水でうがいして治す

もう一つは塩水でうがいをするという方法です。

毎日食事後の3回と朝起きた時・夜寝る前の1日5回ほど行うとよいでしょう。

そしてうがいの方法は、一度目はぶくぶくうがい、二度目・三度目はガラガラうがいを各20秒ほどずつ行います。

うがいが終わったら最後は普通の水で塩水を洗い流します。

塩水を口内に残すことで殺菌効果が続き口内炎に良いと思うかもしれませんが、逆に殺菌効果が強すぎて逆効果になってしまうのです。

口内炎を早く治す食べ物とは?

口内炎を早く治す食べ物

口内炎ができる原因の一つとして考えられるのが、栄養不足です。

特にビタミンB2は皮膚や粘膜のビタミンといわれ、資質をエネルギーに変え、皮膚や粘膜の成長を促進する働きを持っています。

その為、口内炎にも深くかかわっているのです。

つまり口内炎ができてしまった場合、ビタミンB2を積極的に摂取することでより早く口内炎を治す効果が期待できるのです。

ビタミンB2を多く含む食品といえば、うなぎ・レバー・納豆・卵・牛乳などです。

しかし、ビタミンB2だけを取ればよいわけではありません。

ビタミンB群というのは、1種類だけ摂取しても効果を発揮しにくく、いろいろな種類のものを同時に摂取することでお互いを助け合って機能するものなのです。

その為、口内炎をより早く治すためにはビタミンB2だけではなく、いろいろなビタミンも同時に取ることをお勧めします。

→健康にも良いたくさんのビタミンが摂れるサプリメントはこちら。

化学合成で作られた合成ビタミンではなく、食品由来のビタミンを1日たったの2粒でしっかり補給できます!

まとめ

口内炎というのはそのままにしておいても自然と治るものですが、どうしても早く治したいという場合にはいくつかの方法があります。

特に、塩を使う方法や必要な栄養を摂取する方法は家でも簡単にできると思うので、ぜひ実践してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ