七五三の女の子は何歳でお祝い?髪型やメイクのおすすめは?

七五三の女の子は何歳でお祝い

七五三はお子さんの成長をお祝いする行事ですよね。

七五三女の子何歳でお祝いしたらいいのか?「満年齢」か「数え年」か初めてのときは迷ったりしますよね。

文字通り、七歳・五歳・三歳でお祝いをします。

しかし、男の子と女の子では何歳でお祝いをするかは違ってきます。

特に女の子を持つお父さん・お母さんであれば、七五三の時には思いきりおしゃれをしてお祝いをしてあげたいと思うものなのでで髪型やメイクのおすすめも気になりますよね。

そこで女の子の七五三について紹介していきます!

スポンサードリンク

七五三の女の子は何歳でお祝いをするの?

七五三の女の子は何歳

七五三というと七歳・五歳・三歳でお祝いをするということは知っていても、実際にお子さんがいないと男の子と女の子でどう違うのかあまりよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

七五三は男の子は五歳と三歳(最近は五歳のみお祝いをするというのが主流になっているようです)、女の子は七歳と三歳で行います。

数え年と満年齢について

ここで気になってくるのは数え年と満年齢。

数え年で数えるのと、満年齢で数えるのとではお祝いをするとしが1年以上違ってきてしまいます。

実際にどちらで祝うのが正しいのでしょうか?

正解は、どちらでも構いません。

特に三歳でのお祝いはまだ小さいので、満年齢で行ったほうがよさそうです。

もちろん、上か下に兄弟がいて、一緒に行いたいという場合には、ご家庭に合わせて一緒に行っても特に問題はありませんよ。

七五三の女の子の髪型ってどんなものがあるの?

七五三の女の子の髪型

女の子の七五三といえばやはり一番こだわりたいのは衣装ですよね。

定番は着物ですが、やっぱりドレスも捨てがたい。

写真はドレスと着物の両方を撮って、お参りは日本の正装である着物という方も多いのではないでしょうか。

そして洋服に合わせてこだわりたいのが髪型ですよね。

もちろん洋装・着物で髪型も違ってきます!

スポンサードリンク

着物の場合の髪型

特に着物だったら普段なら機会のない日本髪にチャレンジするのもいいのではないでしょうか。

実際に7歳のお祝いの時に日本髪を自分の髪で結うために髪を伸ばしているという子もいますよね。

日本髪といってもいろいろな結い方があり、実際には100種類以上とも言われています。

もちろん現代風にアレンジしたものもありますし、簡単なものではわざわざ写真屋さんや美容院で結ってもらわなくてもママでも結えるものもありますよ。

特に7歳のお子さんのお祝いであれば、事前にお子さんとどのような髪型が良いのかを話しておいて当日に臨むのも楽しいと思いますよ。

七五三の女の子のメイク!

七五三の女の子のメイク

七五三のお祝いに女の子が着物、髪型をばっちり決めたらもう一つこだわりたいのがメイク。

小さい女の子でもメイクアップは憧れですよね!

しかもお子さんは特別な時でなければメイクアップをする機会はそうそうありません。

もちろんお子さんにとってもメイクをしてもらうということは一気に自分が大人に返信したようなうれしい気持ちになれるものだと思います。

中には「三歳のお祝いにもメイクは必要なの?」と考えるママもいるかもしれません。

しかし、写真を撮る際に髪型や着物にお顔が負けてしまうので、ナチュラルなものでもよいのでぜひメイクをしてあげてください。

七歳のお祝いであれば、好みによってちょっと大人っぽくしっかりメイクをするのもよいかもしれません。

ただ、お子さんによっては口紅を嫌がる子もいるので、そういう場合には色付きのリップなどで代用してあげるといいでしょう。

メイクの注意点

肌が弱いお子さんであれば、事前に低刺激の化粧水などをつけてあげたり、敏感肌の子用の下地を使ってあげるといいですよ。

まとめ

七五三というのは、子供の成長を祝うものであり、お子さんにとっては綺麗なドレスや着物を着たりできるうれしい日でもありますよね。

特に女の子にとっては綺麗な着物やドレスで着飾り、髪もアップにしてもらってお化粧までとまるでお姫様になった気分になれるもの。

三歳のお祝いの時にはまだまだ嫌がる子もいるようですが、7歳のお祝いの際にはお子さんの好みも聞きながら事前に準備するのも楽しいですね。

ぜひご家族にもお子さんにも楽しい一日にしたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ